マグネシウムインシュレーター

S1 S2 S3 S4
直径 38 38 68 68
重さ 17 22 240 410
価格 3P:4200 4950
4P:5600 6600 8400 8P:16800

イギリスSME社のマグネシウム製トーンアームの紹介文をお借りしますと、マグネシウム=オーディオにとって地球最強の物質、 しかし不安定な素材ゆえ何人もそれに手を出そうとしなかった そうです。世界広しといえど、マグネシウムを多用してオーディオアクセサリーを作っているメーカーはサンシャイン以外にはありません、その理由はまさにSMEの言う通りです(世界最高のトーンアームであることは言うまでもない)、しかしサンシャインの代表は元はと言えばマグネシウム会社で働いていた超オーディオマニアです、マグネシウムに対するノウハウは誰よりも長けている訳です、マグネシウムとは、ネットで調べていただければすぐにわかることですが、実用金属中一番軽く=アルミの三分の2 内部損失=振動吸収性は群を抜いて最高 理論値ですが、高級素材の代名詞?の航空機レベルのアルミの実に250倍の振動吸収性を誇ります、何社かのメーカーがさも航空機レベルアルミを最高素材のように言っているので遠慮なく申し上げます、それはマグネシウムに比べたら ゴミ 以外何ものでもありません。また、他メーカーは オーディオの音は理論では語れない、 と言うことをよく目にしますが、これは弊社に言わせればダメな素材しか使っていない言い訳にしか聞こえません。物的証拠がなければ説得力がない、それでとあるオーディオショップ大手の方が弊社のホームページをご覧いただいて弊社代表に対し、非常に悪い印象を持たれたそうです、それは「コイツ、ただの素材マニアか?」 しかし製品を実際試してみて「言ってるだけの素材だけのことはある」と言うことで非常に仲よくなったと言う美談?があります、それで素材マニア と言う点においては全く否定はしないですし、むしろオーディオ界最強の素材マニアを自称しております、もちろんありとあらゆる素材を試して他の素材はゴミだと言い切ってます、

それでインシュレーターの本題ですが、純マグネシウムの成形品がこの価格で買えたらなんの文句もないでしょう、と自負しております。ある理系の方が弊社のマグネシウム製スパイク受けを見て、マグネシウムの成形品が存在することが信じられないと言っていました、マグネシウム製品だったら金型で作る以外方法はない、もしあるとするならば大変な金額になるだろう と。まあ要するにマグネシウムはダイナマイトの原料なので、これを粉末にして水に浸せばコップ一杯で引火すれば一軒家が吹っ飛ぶくらいの威力を持ってます、要は金型ではなく、切削しようものならば火花が引火して間違いなく火事になる ニュースでお目にしたことございませんか?マグネシウム工場の火災。それが現実にこの価格でマグネシウムの成形品が存在します、オーディオアクセサリー史上最強にマニアックな製品と言って過言でないでしょう、もちろん効果の方も価格10倍のインシュレーターをも凌ぎます
特に効果だけで言ったらS4ですが、コンポーネントに使うにはちょっと大きすぎて使いづらいでしょう、ラックの最上段のものか大型スピーカー受けに限られると思います、S3は大きさが適当で質量も十分にあるのでかなりオススメのものです、S1S2は本当にオーソドックスなインシュレーターの形のものです MgSPENCERはスピーカーのスパイク受けとして最強 ラック受けとしても最強 スペーサーとしても使えるがもはやスペーサーとしての効果を超えてミニボードの世界です

マグネシウムインシュレーターに使われているマグネシウムは 純度99、97パーセント以上の超超高純度でしかも押し出し材を使っています、SMEなどアナロググッズで他にも純マグネシウム製を見かけますが、あれらは確実に鋳造材です、押し出しと鋳造の違い、押し出し材の方が高価であるのと最低でも1トン頼まないといけない、鋳造も安くはないが、少量から頼める、その違いは鋳造の方が硬くて巣がある、押し出し材の方が密度が高い 本当にサンシャインのマグネシウム製品は業界唯一の押し出し材の純マグネシウムを使っている、オーディオにとって地球最強の物質であるだけでないく一番マニアックな素材と言えると思う、本当にそんなに恐ろしく高いものではないから一度本当に手にして欲しいと思います、