TIGLON/SUNSHINE ポータブルオーディオ用ケーブル

特徴 導体に1960年にアメリカGE社が開発したDIP FORMINGと呼ばれる究極の無酸素銅線にマグネシウムシールドを施した現代最強のケーブルです、DIP FFORMINGはコスト高のために1969年に生産中止になったはずが実は現在も日本の自動車の内部配線用として密かに製造されていたことをSUNSHINEの提携会社であるTIGLON社が発見してTIGLON社と共同でイヤホン、ヘッドホン、及びUSBの最高究極のケーブル作りに着手しました。DIP FORMINGの特徴は現代の薬品で純度を上げた大量生産用の銅線とは異なり、言うならば手作業で精錬の精錬の限りを尽くしたものであり、結果現代の銅線に必ず存在する黒点や巣穴が存在しない、真に世界一クリーンな銅線です。そのためにわかりやすくいえばホームオーディオ用ケーブルは太さにあまり制約がないので物量を投入すればどうにでも品質を良くすることが可能ですが、イヤホン ヘッドホンケーブルのような太さに極めて制約のあるケーブルに関してはもはやマグネシウム&DIP FORMINGが最強です、その効果はいかなる高額なリケーブルよりこちらのほうがはるかにハイエンドです。