やはり努力不足

先日もブログしたとおり、Sボードが案外売れていない、これはもっと努力しないといけないと思います。いまその突破口を模索中です。例えばもしサンシャインのアクセサリーを初めて使う方におすすめなものは と聞かれたら、これは商売的には超薄型制振シートです。 その理由→少ない出費で多大な効果 そうか、そう思うと海外はまずこれから進めるのがベターだと思いますが、特に欧米圏の雑誌社は生意気です。こういう製品を試そうとしない、つまりレビューしようとしない、それでいて広告費だけはせがんでくる、要はそんなめんどくさいことしなくともある程度の顧客が付いているみたいです。だったら狙いは発展途上国だと思います、しかもダイレクトショップですね、そんなものオーディオアクセサリー界では前代未聞だと思いますが、サンシャインの製品は海外のディストリビューターからは敬遠されるのです、理由は単価の割には送料が高いからです。一度に1トン、いや最低500キロとか入れてくれればいいですが、そんなディストリビューターはいないです でも日本では毎月500キロくらいすぐに売れるのですが、そのような実感は海外のディストリビューターにはないでしょうから、でも狙いは世界の大国以外の国々にダイレクトショップです、発展途上国ならば協力してくれる可能性は大です。サンシャイン製品には他のアクセサリーメーカーにはかたれないウンチクが満載である それを利用しないとバカだと思います・・・・

それで本当に効果のあるサンシャインのアクセサリーというのはスピーカーのセッティングだと思いますので超薄型制振シートを突破口にここに行きついてほしいと思うわけです。 理想はBシートとSボードの合わせ、そしてその上はMgスペンサーかS3 ということになると思います、ここまでくると割とよい出費になってしまいます、特にSボードとBシートを組み合わせれば大手アクセサリーメーカーのオーディオ専用ボード1枚とほぼ同じ金額になってしまいます、が、効果の度合いが全く違います、違いの度合いはケーブルの価格帯と似ていると思います、例えば日本で大ヒットを飛ばした高級ケーブルは一本3万円前後の製品、これに変えるとそれはそれは付属ケーブルに比べたら変わった感が素晴らしいです、しかも特に低域方向の力強さの増大は目を見張るものがある、しかしならばなんでケーブルに10万円以上の製品があるか ということです    まあでも一本3万円のケーブルは付属ケーブルよりはるかによくなるのでそれはそれで良い、それ以上ケーブルに金かけるくらいなら機器の値段を上げたほうがよい というのがワタシの考え、 それでSボードとBシートの組み合わせというのはケーブルで例えるならば大手アクセサリーメーカーのオーディオ専用ボードはケーブルで言うと3万円のもの サンシャインのS+Bはケーブルで言うと20万円のもの、しかしサンシャインは無名のガレージメーカーなので大手アクセサリーメーカーと同じもしくはそれより安く売っている というだけのものです。

それで今日はどうしてこのようなブログの内容になったかというと、現在某新興国の雑誌社にサンシャイン製品売り込み中です、レビューの内容はある程度こちらで先導しないと売れないでしょう。 とにかく 大国は 生意気 だ!!!