新興国

先日のブログで 某新興国の雑誌社にB50を送って雑誌社からの感想を正直に報告する旨を申し上げましたが、返信が来ました 通訳を介してですがその感想は

ものすごく音が変った  と来てます。 決して音が良くなった とは言ってません、 しかし以前からワタシは一番ダメなアクセサリーは音が変ったんだか変わっていないんだかわからないものが一番ダメ、でもそういうのは多い

ということで結構なことじゃないですか、我ながら我の実力は大したものだ、と自画自賛、さらに今日とある販売店から記載の間違えた注文書が来てそれがウチのものか記載間違えのメーカーのものが誤ってうちに来たのかネットで調べてみると面白いことが   それで注文書の内容は実名を出して申し訳ございません、このメーカーおよびお客様からでも不快 というご指摘が来るようでしたら削除しますが、そのメーカーの悪口でもなく、またこのメーカーのアンプは高く評価していますし、なによりも読者がわかりやすく、 ということでsoulnote S1 と検索してみてください、 最新のお客様のマグネシウムのスパイク受けの使用感が載っています。これを読んで何を思うかというと、こんなワタシでもオーディオユーザーの方にはすごく役に立っているのですね、こういうのを読むと何を思うかといいますと、オーディオユーザーに役に立つという視線で行かないと と思います、次回は新製品告知します