目標は

ブログマンになりたいですね、それもオーディオマニア相手だけではなく、一般人も巻き込むような。それには一般人も購入対象となるような製品を作らなければいけないですが、それは資本があればわけなく可能だと思います。ではなんでもブログマンになりたいのか? まあいうなればこの世に生を受けた証のようなもの とでも申しましょうか。

しかしブログが良いのは自分の中にあるものを吐き出せる場で、しかもそれを多くの方が読んでいただけることです、ならばその内容は面白いに越したことはないと思います、が、なかなか何を書けば面白いと感じていただけるのか?でもネタは結構あるかもしれません、要は誰よりもマニアックなものがあり、そのマニアックなものが多くの方に支持いただけるものであればそれをつらつら書くだけで興味深く読んでいただけるのでは? と思います。では自分にとって恐らく誰よりもマニアックな部分と言えば、オーディオに関してはワタシなんぞよりもっとマニアックな方多数とお見受けしますのでオーディオ自慢を書いてもしょうがない、ただ、製品において、リレー試聴会のときのように他社の超高額品と対決して多数決で圧勝しました、という自慢話はまだよいかもしれません、出来ることならば他社の何と対決したのか? そこまで書けばなお結構なことですが、それはさすがに他メーカーが見たらブチ切れるでしょう、ちなみにワタシが明らかに第三者だけの集まりの試聴会でサンシャイン製品と他社メーカー品を比べて他社圧勝の書き込みを見たらどう思うか、正直 参りました!! と思います、切れることは断じてないです、だからサンシャインの場合はぜんぜんそのような対決を実名で載せていただいてかまいません。

さて話を戻しますが、ワタシは自分で言うのもなんですが、確かにマニアックな部分というのはあると思います、でないとこのような仕事は出来ないと思います、メーカーの主宰者、すごい天才かすごいマニアックかどちらかだと思います、それでまずすごい天才はいないと思います、すごい天才というのは例えば東大の首席クラスとか、そんな頭の良すぎる人がオーディオの仕事なんてしません、ではその主席クラスと張り合うには何か強烈にマニアックなものがないとダメだと思います、一番良いのはズバリ、オーディオにマニアック、 しかしこれに関してはワタシはすでに白旗を上げています、上には上がいる、オーディオ(アクセサリー)メーカーの主宰者は怖い人ばかり、本当にオーディオに自信満ち溢れているというか、まさにワタシから見たらまさに宗教団体の教祖様です、怖すぎてお近づきしたくない方々ばかりです。ワタシにはオーディオ以外にもっと誰よりもマニアックなものが実は存在しています、以前ワタシは登山に対する知識では日本で二番目だ!! くらいのことを書いたことがありますが、それと同時にワタシは鉄道マニアで、しかも強烈な乗り鉄でほぼ日本中くまなく鉄道に乗って全国を旅行しています、どこかの風景の写真を見せられれば一瞬でそれがどこだか一発でわかります、そんなのが中学時代のときからそうでした、だから勉強に関しては学年一のビリでしたが、周りにワタシが頭が悪いとバカにする人はいなかったです、その中学は現役で最低でも東大合格者3人は出している秀才ぞろいの学校でしたが、当時から鉄道とかそういうものは流行ってました、そこで言うならば最たる重鎮扱いされていたのです、そんなことでワタシは今でも全国のある程度以上の有名スポットは頭の中にすぐその風景が描けます、まあオーディオとは全く関係ないですが、とにかく何かに突出してマニアックな部分があることは間違いないところです、 では旅行オタクとして一つ披露しますと

国内旅行先の一番の人気都道府県はどこかというと、これは一位は間違いなく北海道です、ああ人々は北海道の広大な大自然にあこがれるのね、と思いつつ、では北海道の人気観光スポットはといいますと、まあいろいろな調査場所によって異なりますが、おおむね 一位 函館 二位 小樽 三位 富良野 です。これは別に人気の街ランキングではなく、例えば洞爺湖 とか大雪山 とか自然の景勝地も含めた 要は本当に人気の場所 です。これを見て何を思ったか? 要は人気観光スポットとは言い換えれば行ってみたいランキングね、実際に行ったことはないのね ということです、まあ函館はともかく 小樽 富良野 と来る時点で行ってみたいランキングですで、では実際のところ富良野に行って何するの? と言いたいです。これは明らかに北の国からのドラマの影響でしょう、富良野=北海道の広大さの象徴 みたいな。富良野にあるのはその北の国からの撮影地の家とスキー場しかないですよ、広大な大地は実は別のところです、これが美瑛 と来たら行ってきたんだな と思います 富良野に大自然の大地などない、実際は美瑛か富良野とは離れた上富良野 あるいは中富良野、でも大地は広いけど花畑以外はここでなければいけない、というものはない。美瑛はパッチワークの丘 と呼ばれているくらいちょっと複雑な地形をしていて、ここでなければいけない というものがある。 さらに美瑛は行くなら7月上旬 ここが最高 いやもう7月上旬の晴天時に美瑛に行ったことがあるならばもう北海道ナンバーワンはここでしょう そこで十分北海道を堪能したらあとは札幌にでも行って北海道に浸っていればいい、小樽や函館なんてその次に行くか、小樽なんて自分の中ではないです、ただ、写真マニアには良いと思います、実際は というと想像はるか以上に狭い、海産物はすごいが別に小樽以外でもいくらでもある。あと写真映えならば美瑛より中富良野にあるファーム富田という花畑、見ごろは7月 ぜひファーム富田 と検索してみてください、とてつもなく美しい画像が出てきます、これぞ北海道ですねって感じです。   ということで旅に関しては旅行会社の人間よりこのワタシに相談してください、彼らは教科書どおりのアドバイスしかできません、ワタシは行くべきタイミングまで熟知しています、行くべきタイミングとはそれはまさしくオーディオ機器の使いこなしと同じですね、ただ詰め込んだだけの知識なんて本当に得られる感動の半分しか与えられない、いや半分以下かもしれないです・・・・・