まあでも電源ケーブルの結論として

1本8万円以上のケーブルに興味のない方はこれしかない ということでしょう。これ以上の価格のものはさすがにもはや芸術品です。音も十分に良いことは認めております。ただし高額品は個性が強い、ただし高価な貴金属とかふんだんに使っているので値段の高い音がする・・・ でもこれはとても重要なことだと思います。ということでワタシは高級ケーブルを決して否定するわけではありません、ただし高級ボードは否定します、サンシャインがあれば十分(理論的にはウェ〇フロートも)ケーブルはさすがに各メーカー入魂の作品と言ったところでしょうか、そんなことで高級価格帯を荒らそうなどという気持ちは毛頭ありません。ワタシが申し上げたいことは、まずは一本、そして一本だけで良いのではと思います。本当のアクセサリーの醍醐味はケーブル、特に電源にありと思います、いろいろなものがあります、着替えのおしゃれ着のように楽しめるのではないかと存じます、

それで本ケーブルはもう予約受付を開始いたします。発売は4/1ですが微妙に早くの出荷になります、よろしくお願いいたします