大絶賛だった

実はお客様=エンドユーザー代表としてとある方にモニターをお願いしました。誰よりもオーディオの神に忠実で、たとえサンシャイン製品であろうがダメだと思ったらダメと一刀両断に切り捨てる人、オーディオマニアをしても人間的にもあらゆるユーザーから尊敬されるであろう人、その方から大絶賛のお返事をいただきました、まあいまさらもうその内容を載せる必要はないでしょう、なぜならばサンシャインの進藤はやらせ嫌い ということは皆さまご理解いただいていると存じます。

それでまず、今回のケーブルですが、ここでは本音を申し上げてしまいます、というのもこれを読んでいらっしゃる方は小さなオーディオ業界の中でもさらにさらにほんのひとつまみに相当する方しか見ていません、せめて前のホームページだったら閲覧数が多かったのでこれ以上言えない ということころはあります。それで今回の本音、 本ケーブルは一本8万円以上のケーブルをお持ちの方は対象外 のようなことを書いています、それは本ケーブルのクオリティが一本8万円程度 と理解できるかもしれません、 しかし本音は全然違います。本音は1本10万円のケーブルより本製品のほうが明らかに良いということが浸透してしまったら高額ケーブルが売れなくなってしまう、それは販売店に申し訳ない、 というのが本音です。

それで価格に関係なく、他メーカーケーブルの違いといえば、他メーカーケーブルは価格に関係なく中の導体は銅線であれば元はみな一緒です。電線工場での最終工程が違うだけの話です。ケーブルの構造やプラグによる音質の違いが大きく、高額なものほど当然ながら ごっつくなるわけです。 それでサンシャインおよびTIGLON
だけは他メーカーとは根本から違う銅線を使っています、これがよいのか悪いのか ということになりますが、日本の自動車メーカーの内部配線用の銅線で、他の銅線との決定的な違いは薬品を使わないで製錬に製錬を重ねたものなので強度が強いらいしです。それが音に影響するかと言われたら当然するでしょう、今はその詳しい解説は省略します。  次に、次のことはお客様にとって特に興味深いと思いますのでぜひぜひご熟読ください

いまのオーディオ用ケーブルのトレンドといいますか、それは導体は単線もしくは太線のケーブルが多く全体的にケーブルは硬く、取り回しのよい撚り線ケーブルは少なくなってきています。では単線太線と撚り線どちらがよいか、ちなみにサンシャインは超極細撚り線です。単線太線支持のメーカーによると、撚り線は取り回しがよいというだけで音にはよくない と言っています。その理由、要は電流が流れる、そして撚り線だと線と線がじかに触れているのでそのじかに触れ合っているところにノイズが生じるようなことをいかにも科学的に言っています。単線はその害が全くない(その理論で行けば当たり前ですね)

しかしサンシャインの見解。 そんな線から電流があふれ出るような大電流は少なくとも電源ケーブルやラインケーブルでは流れない、そこは単線太線でケーブルを作っている人が実は一番よくわかっているだろう、ではなぜ単線太線か それは音の傾向が変るからである、業界は皆それにだまされている だけである。などというとええーって思われるかもしれませんが、世の中というものをよく見てください、だましたもの勝ちでしょう  それで普段撚り線の音になれているユーザーがほぼほぼ全部のわけですから単線太線にすれば変わった感がそれなりにあるでしょう、音のグレードは全く変わっていません。

そのようなことで電源ケーブル ラインケーブルは単線太線でも撚り線でも音のグレードは変わらないからどちらでもよいのです。ただ、単線のほうが今のトレンドの音にあっている というだけの話です。サンシャインとしては音の傾向を変えるだけという小手先の技は嫌います、グレードを上げないと意味がない、そこで、太線よりも撚り線のほうが線の表面積の合計は大きいはずだからHSEなんて技術がそんなにすごいものならば撚り線で可能な限り極細にしたほうがHSEの威力が最大限に発揮されるだろう、というこれは野生のカンで何の計算もされていません、ワタシは頭が悪いので計算というのが非常に非常に苦手 というか理詰め というのができないです。要は他より良い素材を使えばそれで良いだろう くらいのノリです、でもシンプルでわかりやすいのでは と

まあ今回はそれらが全部うまくいったのでこの価格で最高クオリティが出せたと思います。なお、今後販売店にデモ機送るときはしっかりとエージングされたものを配ります

追記
スピーカーケーブルは単線太線優位かもしれません、それは今後実験してみます、いずれはスピーカーケーブル出したいので