パッケージは

日本一ダサい、もうこんなの工業製品としてはありえない、と厳しいことをおっしゃる方も出てくるのでは? およそプロの仕事ではない・・・・・

それに対する反論=いやそんな甘いものではないこの世界。パッケージがダサいから買わない とおっしゃるならばそれで仕方ない、パッケージを豪華に変えるつもりは毛頭ないです。甘いものではない というのは 製品の価格は絶対である ということです。 それで原価率が高くて、でも製品の売れる上限価格がそれくらいだったら音質に関係ない部分から削ってゆくしかないのです。 これが以前のようにオーディオが激しく盛んなときだったらパッケージをかっこよくして1本30.000円で出します、付属ケーブルからこれに変えましょう、というノリでそれだけでプチハーレムが築けると思います。しかし皆さまご周知のとおりオーディオ産業は衰退の一途をたどっています。そんな素晴らしい性能のケーブルって言ったところでこの業界でたくさん売ろうと思ったら1万円台がいいところです。それは薄型シートで証明しているでしょう。これは A B V 全部足すと7万枚近く売っているわけです。どんなにパッケージがチープと言われようが、見た目がダサいと言われようがそれを守ってきた結果です、オーディオアクセサリー部門でこれだけ数が売れたものはここ近年他にないでしょう、。

大事なのは性能と価格、パッケージなんてそれを気にされる方はご縁がなかったということであきらめるしかない、ただ、店頭に製品が並ぶとき、あまりにダサすぎなのはよくないとは聞きますが、逆にそれを逆手に取ってきたかもしれません、こんな見た目ダサいものを堂々と売っている、これは何かある!!??

でも原価率が低い製品であればそれなりにさすがにパッケージもちゃんとしたものを作ります。サンシャイン製品ラインナップをごらんいただければ一目瞭然、素材だけは高価なものを使ってます。 サンシャイン製品は決して安いのではなく、これ以上付けたらたくさんは売れないだろう、という上限価格を付けているつもりです、ケーブルに関しては19.800円まで付けてよかったかな? と思いつつの、相変わらずの弱気価格です、もっと有名なメーカーになれれば25.000円くらいまで付けられるわけです。それ以上は無理でしょう、見た目がその程度ですから。しかし某ケーブルメーカーのモールドタイプのケーブルの見た目はすごいですね、価格もそれなりの価格で売れる見た目してます、これが本当のプロの技です。やっぱり高く売りたかったら見た目は非常に非常に重要だと思います、でもそうなると商売第一になってしまうか・・・・・