一つ種明かしをすれば

多くの方はなんで16800円、しかも見た目も細くてチープ それがどうして高額ケーブルの追い付きあわよくば追い越すだけの性能があるのか? そんなの信じられない、という方は多いと思います。ならば次のことを申し上げますと これはもしかしたら本当にそうかもしれない ということになるのでは  と

そもそもでは本当に一番安いケーブルを想像してください、それこそ赤白のケーブルです、さらには1本数百円のケーブルでも結構です、ほとんど電線やから買ってきた素の銅線をケーブルチューブをかぶせただけ程度のケーブル。 ここから出てくる音です。 結論を言うと普通に音は出てきます。高額機器をつないだ場合、それなりに高額機器の素性の良さは出してきます。ただし、わかりやすく言えばハイあがりの音です、情報量もどこか頼りなさげのような音です。それではよくないとオーディオユーザーは赤白のケーブル以上のものを求めるわけです。さらにある程度以上する機器であれば付属ケーブルもまあある程度のものはついてます、でもある程度です、ケーブルにそこまでお金かけられないからです。

では安いケーブルと高いケーブルの音質差  高額ケーブルはよく言うじゃないですか、重心が下がる  これ正確に言えばハイアガリがなくなってバランスが取れる ということであり、ケーブルの価格が上がれば上がるほど、ケーブルが太い=ハイアガリ阻止のために物量が投入されている。至極単純なことです。

しかし本ケーブルはハイアガリ阻止の必要がないのです。他メーカーのケーブルは元はといえば大量生産された大手電線メーカーの銅線と元にしているか高額なものは銀線です、ともにそのまま使えばハイアガリです。それでケーブルメーカーは銅線を例に取るとさらにオーディオケーブル用にとこのことで少なからず銅線に手間を加えます、ただ、元が元だけにそれだけではハイアガリの解消にはなりません、ただ、サンシャインの使っているDIP FORMINGという銅線は元からハイアガリにならないのが特徴です。これは多分に銅線に薬品を使っているか使っていないかの差のように思います。だから他メーカーの太いケーブルもサンシャインの貧弱なケーブルも中に入っている銅線の量は実は同じ、他メーカーはハイアガリ阻止、さらには情報量劣化の阻止のために高額になればなるほど太くなるわけです、サンシャインケーブルは防止策をこうじる必要がないのでその分うんと安くできます、そこ代わり見た目がチープです、やっぱり細いと見た感じ頼りないですね、身体の細い男はケンカが弱そうなのと一緒ですね

続きはまた後日ブログいたします