ベンツを運転してみた

初ベンツです、というより外車運転したのは初めてです、ただし右ハンドル仕様です、ベンツのクラスはEクラスです、もちろんレンタカーです、昨日の夕方の話です。

それでまずは車のことより都心を車で走った率直な感想= ワタシは先日のブログで池袋民のワタシとしては車はジャマだから持たない と書きましたが、それに関して
昨日思ったこと= まさにそのとおり(笑)

まず、道路は意外にというか混んでいない、渋滞などない、むしろ首都高のほうがよっぽど混んでいる、しかしである、とにかく都心の道路は信号だらけである、ちょっと進んではまた信号で止まってしかもそれが長い、結局渋滞一か所もなし、スムーズに流れ東京駅から池袋駅まで電車だと17分で行くところ一般道で50分かかってしまった。これで渋滞なんてあったらいったいいつになったら着くのか。ということで本当に都心住まいに車など必要ない、

次にベンツEクラスに乗ってみての感想=なんでこんなでかい必要があるのか?(Sクラスはもっとでかいようであるが) とにかく運転に慣れていないと不必要な幅の広さに正直怖い、特に都心は路駐が多いので怖い怖い、 あと駐車するさいの車庫入れバック、いやもうビビるなんてものではない、まあこれはベンツに限らずある程度の価格以上のセダン型はみなでかい、ムダにでかいとしかいいようがない、日本の道路は狭いし駐車スペースも狭いし、恐らくはすべて昔の規格サイズなんだと思う、今はミエ張りが多くてどんどんでかい車を持つ人が多いと思う、池袋はベンツがビュンビュン走っているし、実用性ということを考えると本当にムダ としかいいようがない。

それでワタシの車に対しての結論が出たようである。では昨日なんでベンツEクラスを借りたかというと、それは他でもない、水商売のおねえちゃんを迎えにいくためである、大変失礼しました・・・・・   しかしそれ以外にワタシにベンツなど必要ありません。それでワタシの感覚にフィットしているのはトヨタ86かアバルト595のようなちょっと小ぶりで遊び心と高級感のある粋な車である、しかし水商売のおねえちゃんを威嚇するにはベンツとかビーエムとかが圧倒的に強いわけである。 ということで車はベンツのレンタカーで十分 86とかアバルトは都心住まいでなく、ある程度車が交通手段になったときに欲しい、しかし都心で車を持つ人の心理というのはただ一つのようで、要は車が好き、車を運転することが好き ということで実用性は考えられていない、要は趣味の世界である、となると将来は飾りになにか一台持とう、それくらいの感覚である・・・

あと、ベンツは外車なので日本車に慣れてしまっていると操作が難しい、昨日は水商売のおねえちゃんの前で駐車場に駐車できないパニックに陥ってしまった、当然自分の車 ということを装っているわけで、とにかくどうパーキングしていいのかわからない、まあ語りだすと相当長くなるパニックが昨日ありまして、まあ他の人から見たらかなり笑える、でも自分はもう完全にテンパってしまって結論としては昨日のおねえちゃんは逃すことになってしまいました、どんまいどんまい、女の子は星の数ほどいる!!

外車を運転されたことがないかたもいらっしゃると思いますので日本車との操作の違う一例、 まずウインカー  通常は右手で操作するのですが、ベンツの場合は左手です、それで右はどうなっているのかというと、右は日本車ならば通常左下にあるシフトレバーがハンドルの右についています、それでうっかりウインカーのつもりで右のレバーに手をかけるとシフトが変って昨日は突然バックになってやばいところでした

まあベンツなんてガラじゃない、本当に水商売のおねえちゃんを威嚇するだけの手段、そしてレンタカーで十分、ただし運転には慣れを要する ということございます

最後に一つだけベンツEクラスが良かったと思ったところ=ちょっとスピード出すと、加速や高速安定性は抜群ですね、でもおまわりさんが怖いのでちょっとスピードを出してもすぐに減速させますが  ということは都心でこの超高性能は宝の持ち腐れ ですね・・・・・・・・