今回は最高のケーブルが出来たと思います

電源を100とするならばプラグに影響を受けないスピーカーケーブルの出来は150でこれ以上のスピーカーケーブルはワタシの好みでは存在しません、が、実は電源も価格に関係なくこれが自分の一番の好みです。その理由は以下のようになります。

そもそもオーディオ製品、特にケーブルはプロ用と民生用の二種類が存在するようです、が、これほどインチキなものはないと思っております。それでプロに言わせると民生用のものはレコーディングには使えない、メーカーの音が乗ってしまっている、それに比べプロ用、例えばベルデンにしてもモンスターにしてもまさに色づけがない、レコーディングにはとても素直なケーブル

ということはプロに言わせると我々ホームオーディオマニアが使っているケーブルにダメ出しをしているのです。でも確かに実際メーカーの個性というのは少なからず乗っています、ニュートラルなものなんて存在しないのでは? というくらい個性的なものばかりで、しかしそれが人間の耳にとって良く聴こえるからまあそれはそれで大いにありだと思っております、そもそもオーディオの音というのは作り物でありどこまでそれを突き詰めて行くかというのはまさに芸術に通ずるものがあると思います。

対してプロ用、音質に色づけがなくストレート、録音を素直に出す・・・・・・  なんてバカげてますのでこんなものは相手にしなくて良いです、プロ用と称するケーブルも結構クセだらけです。それでいて民生用の良いケーブルに比べ明らかにエネルギー感もなければSNも悪い、情報量も足りない、レコーディングが生音と同じにできない一つの原因がケーブルがダメだからなのでは? と真剣に思っています、もちろん要因はそれだけでなく、制振対策も実は重要なのですが・・・・・・

まあ確実に言えることはプロ用なんて安物ケーブル使うくらいなら民生用のケーブルがはるかにオーディオらしいです、プロ用製品の意義というのは本当に音楽再生に必要以上のお金を使いたくない=趣味は音楽再生であり決してオーディオではない という方のもので 趣味オーディオの方のものではありません

それで何がいいたいのかといいますと、いまのところサンシャインのケーブルが一番フラット ニュートラルと言えると思います、だから自分の一番の好みなのです。が、電源やラインケーブルはともかく、スピーカーケーブルはこれで良いんじゃないかと個人的には思っています、つまりこれ以上のものはいらない ということです、電源やラインケーブルはお金さえ出せばいろいろ楽しい選択肢があるように思いますが、ケーブルなんかにお金かけない という方はサンシャインで打ち止めにして余ったお金は温泉旅行でも高級なものを召し上がるとか、いやそれではオーディオ界が発展しないので、ぜひ高額なコンポーネントをご検討ください、ワタシも負けずにがんばりますので・・・・・

しかし余談ですが、池袋の19日にオープンしたグランドシネマサンシャイン すごいです。もうこれは全国から一度池袋詣でをしてもバチは当たらないです。まず日本一大きいスクリーンが登場で幅25メートルです。新宿東宝シネマでさえ17メートルですからその差は相当です。しかし幅が25メートルプールと一緒なんて 本当に想像を絶するすごさです。しかしこんなすごいものが出来て来年近所にまた映画館が出来る、大丈夫なんですかね って思ってしまいます。まあ土日は客に困ることはなさそうですが、平日はどうなんでしょうね、と思ってしまいます・・・・・