ついに見た!?

何を見たかといいますと、それは池袋の街並みで マクラーレンが走っているのを見ました、マクラーレンといえばもう何年か前にブログでそれをかたったところ結構な反響をいただきまして、そのときの内容というのは、オーディオアクセサリー国内大手の某社長さんが儲かって儲かってしょうがないので決算対策に5000万円のオーディオルームを作ってさらに車をフェラーリからマクラーレンに換えた…… という内容のものです。 それでワタシもあの有名なフェラーリからマクラーレンに換えたですって? マクラーレンってどういう車だったっけ? と調べたところ、まあ早い話がいわゆる スーパーカー というやつでお値段も恐ろしく高い、ワタシが憧れているトヨタのフラッグシップモデルであるレクサスLCが三台買える。そしてついに生マクラーレンを見た、 率直に視界に入った瞬間の反応→ エライかっこよすぎる車が走っている。 次なる反応は フェラーリか いや違うなんだ? そして後ろ面を見て おお!! これがマクラーレン様か!!

いやさすがにこれ乗ってたらまさにオーディオアクセサリー国内大手の社長さまの貫録にぴったりでございます。ではこれが欲しいか と言われたら、もちろん買えるお金があったとして、 答えは 買わない です。 その理由→ルックス申し分なし、価格も高いからそれが買えるというステイタスがあるのだろう、それと自分に似合わないからといって遠ざける理由はない、問題は 女子から見た場合、選択肢は他にある  ということだけである、まったくしょうもない理由であるが 女子に マクラーレン と言っても 何それ? ということになる。 もちろんその車の姿かたちを見ればぶっ飛ぶのだろうが、せっかくなら女子からも知名度がありなおかつ見た目ぶっ飛びのほうがよいと思うわけで、その基準で行けば一番はやはりフェラーリだろうか、しかし名前がかっこいいのは何といってもランボルギーニだと思うし、女子もこの響きはなんとなくわかる、いかにもすごそうな車の代名詞みたいにとらえてくれる。 でも見た目はやっぱりというか、この前もランボルギーニが走っていてちょうど信号で止まってその前の横断歩道とワタシが歩いて渡って=ようするにランボルギーニのほぼ30センチ手前まで迫ってランボルギーニを凝視しての感想= とにかく車高が低すぎてふんずけたくなる、これだったら先日もトヨタ86との共同開発者のスバルのやつ(以前ブログでパクリではないかと書きましたがその後お客様よりあれはパクリでなく共同開発とのご指摘を受けました)が走っているのを目撃しましたが、見た目はあれで十分、というかメチャメチャかっこいい、イヤミがない、しかしスーパーカーはイヤミたっぷり、まああのイヤミが良いのだろうが、でもワタシには水商売のおねえちゃんを乗せるかナンパのため以外はスーパーカーというのは必要ないと思っている、もちろんスーパーカーに乗っている人の一番の理由は財力があること、ミエはりたいことははもちろんですが要は車が好きなんだと思います、ワタシはそこまで好きではない、興味の度合いは平均的男レベルという感じだと思います、それと水商売のおねえちゃんだけが目的ならばベンツの年落ちを安く買えばいい、スーパーカーの必要はない、スーパーカーが有利なのは圧倒的にナンパだと思います、というと逆にスーパーカーの選択はなくなります、その理由ですが、そもそもナンパなんてものはよっぽどのイケメンでもない限り、1対1のナンパは難しい、今どき昔と違ってスーパーカーから顔出して声かけてノコノコ乗ってくる女なんてそうそういないでしょう、ナンパするならば2対2です、特にパーティやコンパなどにも参加しまくっている自分には二次会=女子を誘いやすいのは間違いなく2対2です。それでスーパーカーというのは基本的に二人乗りです、四人乗れないとダメなのです、となるとワタシが目指すべきはレクサスLCか 別にRCでも十分だと思うけれど。あとトヨタ86も二人乗りみたいですが、あれは本当に仲のよいステキな女性とドライブデートしたい車、スーパーカーなんてイヤミありすぎです・・・・・・
それで以前も車のたわごとを書いたところ、お客様より LC目指してください、という後押しが、やはりお客様からそのようにおっしゃられると勇気が湧いてくるものです。ということでスーパーカーは確かにかっこいいけれど二人乗りである以上ワタシには必要ない、別に買えないというひがみで言っているのではない というオチで、失礼しました・・・・・