梅雨明け

ようやく夏本番のようです、しかし夏という季節は短いです、単純に赤道より北極点のほうが近いからではないでしょうか、個人的には夏は大好き冬は大嫌いです。ただし昼間の直射日光だけは冬より厳しいですが、それを避ければよいだけで、しかもそんな強い直射日光は午前9時から午後5時くらいまでのまさに働く時間の間だけ、それに比べ冬は一日中寒い、まあ東京の寒さなんて北海道に比べたら温室のようなものですが・・・・・・

それで夏といえばまずは海 次に山 しかしワタシは水が怖いので海に行くことはないです、山は避暑に行くことはしょっちゅうです、実際に自分の足で登ることはめんどくさくてやらなくなりましたが、健康を考えれば歩いたほうが良いに決まってます、特にオーディオやっていると下半身がなまりやすいと思います。しかし毎年のように避暑の話をしているような気がしますが、趣味がもしかしなくとも 避暑 かもしれません、それで避暑推奨地は毎年変わりません、まあラーメン屋さんと違って大自然は不動なので、ラーメン屋のように現れては消えなんてことは当たり前ですがありません。それでワタシの避暑第一推奨地は、関東在住であれば奥日光です、中禅寺湖より上の部分になります、最低気温は真夏でも20度切りますし、最高気温も湯元温泉というところまで行けば25度を超えることはありませんし、中禅寺湖でも30度超えることはない、日陰にいれば真昼でもエアコンいらずです。ほぼ毎年日光に涼みに行っているかもです、関西からならば志賀高原のほうが行きやすいようには思います、日光は栃木ですが、長野県は日本一の山あり県で避暑地が多いです、究極は富山県になりますが、立山黒部ルートの室堂平です、が、ここは相当前から予約取っておかないと泊まれないこと、にも関わらず宿泊料が鬼のようにように高い、でもここは事前に計画したら絶対連泊したいところです、ここは真夏の最高気温でもせいぜい20度、最低は10度近く、まさに東京の11月と一緒です。

しかし関西には必殺の六甲山があります、東京にも高尾山がありますが、標高が六甲のほうが400メートルも高いこと、海に近く風が吹くこと、さらにスケールが六甲のほうがはるかに大きいので山上の遊び施設が充実していること ということで高尾山の価値は東京から近い ということを除いて六甲山には何一つ勝てません、こんな素晴らしい山が神戸のほぼ裏山です、大阪からも近いです、六甲山最高です

ということで、夏はちょっと場所を変えれば涼しいところいっぱいですが、冬はどこに行っても寒い、寒くないところといったら沖縄まで行かないとダメ、ということで避暑は案外お手頃、避寒は結構大変 といえるのではないかと思います。

最後にとてもとてもくだらないこと、昨日池袋のスポーツジムに行ったときのこと、ジムの前の東武デパートの駐車場は土日は相変わらずの駐車場空き待ちの車のすごい列
それでじゃあいったいこいつらどこからやってきているのか? とナンバーチェック、一番どこのナンバーが多いのか、ワタシの予想、埼玉栃木群馬あたりの田舎者が休日は車で都会に押し寄せる   それで事実はというと、なんと9割の車は同じ地域のナンバーでした、これはあまりに意外すぎました、正解はなんとなんと 練馬 ナンバーです。
ということはみんなご近所さんなのですね、てことは平日は仕事だから車は車庫に寝かせて土日は車を使う というパターンか、ということは 車好き というのは多いのだと思ったしだい、実用性を考えれば都会では車なんてジャマだと思いますが、好きならばジャマではない、まさにセカンドハウスだと思います、ということで池袋に土日に車で観光に押し寄せる人は実は近所の住民だった、埼玉県民たちはみんな電車でやってくる、まあそのほうが確かに早いですな、と思ったしだいです・・・・