こんな感じで各ショップ様には告知しております

ブランド名  SUNSHINE
カテゴリー  RCAケーブル
型番 SRC-reference
長さ 1.0メートル
導体 DIP FORMING無酸素銅線
処理 HSE
プラグ フッ素樹脂金メッキ
シース スーパーフレックスPVC
価格 16.800円(税抜)
掛け率
150本限定品
(150本売れたら継続するか止めるか考えます、継続の場合はプラグを海外に大量発注し、在庫切れ後約70日)
ホームページへのアップはホームページ会社に依頼しておりますがまだアップされておりません、催促はしております。本日発売の雑誌に掲載、製品も入荷済みなので新製品のお知らせに踏み切りました
(8月22日午前11時現在画像以外はアップされております)

ブランド名 SUNSHINE
カテゴリー インシュレーター
型番 S5
材質 純マグネシウム押し出し材99.97%
サイズ 68mm直径 26mm厚
重さ 1個164グラム
価格 4個7600円 3個6000円
掛け率
ホームページにはアップされております

それで何を思うかというと、とにかくtiglonの沖野社長はその実績から間違いなく日本一の昨日はオーディオ技術者と申し上げましたが、少なくとも日本一のオーディオアクセサリー技術者でそれは世界一といって良いと思います、世界一のオーディオ技術者などというと反感を買うおそれあり、でも世界一のオーディオアクセサリー技術者といえば多くの方が賛同していただけるでしょう、やはり大メーカー三社を相手にするのはありえない凄さです。
しかし他メーカーに比べて存在が薄い理由→ 一番の理由は人格的に図々しさがないからでしょう、他のオーディオ、特にアクセサリーメーカーの主宰者は図々しいのかたまり、ある意味ワタシもその気になれば負けない(笑)しかし図々しさがないとどうなるか、他を蹴落としていけない、つまり自分が目立てない、本当に沖野社長さんは良くも悪くもいい人で技術は超一流でも商売には向いていません、優しすぎるのです。それで成功している他メーカーはではいままで何をやってきたかというと、顕著なのはそれはもう評論家との癒着です、それによってメディアへの商品露出度が飛躍的に高くなります、特に特集でひんぱんにリファレンスとして使用されるのが登場するのは鉄板!! まあメーカーがどれだけ評論家にお金ばらまいているかわからないですが、これに対してワタシは何を思うか、まあ悪い製品を良いと偽って紹介しているわけではないですから、まずはしかるべき製品を出して評論家と癒着するのは商売の基本のような。ただ、中にはたいしたことない製品を信じられないくらい良く取り上げられているのを見ると、大丈夫かいな・・・・
とにかく特にオーディオアクセサリーメーカーの主宰者というのは図々しくて黒くて汚い性格でないと・・・ なんて言うと大変失礼すぎるので、強い性格がないと大成できなでしょう、沖野社長はそのへんは弱い性格だということを認めています、だからこの業界では唯一敵をもたない人ではありますが、でもそれでは足りないので、足りない部分は代わりにワタクシサンシャインの進藤がヒール役になります、そういう役は大好きです

ということで他社の評論家癒着のやり方は製品が悪くなければ決して悪くはない むしろそれがうまいメーカーが大成できる、しかし今回のワタシと沖野社長の目のつけどころはそういうやり方がヘタであっても安くて効果絶大、特にケーブルのような市民権のあるアクセサリーは口コミで広まる、でも普通にやっていたら最低でもあと二年かかる、通常は3年  そんなのは待てん いますぐは無理でも半年後はサンシャインハーレム目指して、そのためには自然の成り行きは待てないです=短期で実現させるためにはそれは主宰者の力量しだいではないでしょうか? でも他力本願がモットーのワタシはどうしたら楽して広まるか、 そこでその結論はターゲットは中国 でしょう。韓国なんて全然ダメです。取引があるのでひいきにはしていますが、まあでも韓国に好き勝手に恨まれている日本に国力がないと言ってしまえばそれまでのような。日本なんてアメリカにされたことは本当に日本が韓国にしたことの比にならないくらいコテンパンにやられてます。でも絶対に逆らえない、恨みの気持ちも持てない、ということで日本は弱い(この弱いとは韓国に対しての意味)、その原因は少子化につきるでしょう、人なくして国家は反映しない、当たり前か。ということでワタシの目標、会社を大きくしてオーディオは少子化を救う という運動を展開してゆきたいです真面目な話、まあそれだけ本気に取り組めば若者にとってもこれほど楽しい趣味はない ということをわからせたいです、とにかく、オーディオは ヤレる・・・・・・