この秋は

リレー試聴会は開催されないのか? この秋は特にやる気まんまん、サンシャインケーブルを全部つないだ時の効果を一人でも多くの方に体感いただきたいしだい。

一つ非常に感じることは本ケーブルこそが原音にもっとも忠実なケーブルだという自信が相当ついたしだい、ただし原音に忠実なものが最高のケーブルとは限らないが、

とりあえずサンシャインのケーブルの音の価格を付けるとしたら1本10万円、それ以上にはならないがそれ以下でもない、その根拠=10万円以下のケーブルというのは

決して情報量は最強ではない、でないと10万円以上のケーブルの存在意義がない。それで10万円以上にもならない理由→色づけがない。やはりそれ以上の価格というのは

多分に色づけ代である。ただしそれが全部の人間に合うかと言われたらそれは別問題、ただ、その色づけが合えば最強といえる、しかし色づけという点を無視しても〇ETの

50万の電源ケーブルを試聴したがこれはすごかった、今は生産中止になっているようだが、まあ買える人はこういうのを買えばよいのではないか、でも比べたわけではない

がティグロンの19万の電源ケーブルもすごいだろう、特にこれはフルテックの一番良いプラグを使っていてこの価格は買えるのだったら安いだろう。ということでこれらが買える人はこれらを買ったほうがよい・・・・

それで今回は何がいいたいのかというと、サンシャインのケーブルを全部つないだときの威力 である。依頼があれば全国どこでも行きたいですが、いままで試聴会の依頼

というのはオーディオユニオン様以外にはない(笑) でも恐らく試聴会というのはこちらから売り込みに行くものかもしれないがそれをする気はない、理由はそこまで

仕事に熱心でないからである。

ということでこの秋は特にリレー試聴会のお誘いが来ていない・・・・・

あと、原音に忠実だったら当然ながらレコーディング用のケーブルには向いているのでは? それは当然である。が、こちらの分野に進出を目指すよりまずは同じ土俵の海外進出でしょう。しかしだいたいレコーディングのケーブルなんてしょうもないものばかりである、あれはプロ用と称してメーカーに洗脳させられているだけだ!! といいたいがまあ確かにロック ポップスなどのジャンルは多分にプロ用が向くことが多い、要は ドンシャリ である。 決して原音に忠実ではない。そんなホームオーディオが一本3000円の電源ケーブルやラインケーブル メートル数百円のケーブルで済むんだったらこんな楽なことはない、それで済まないからホームオーディオは電線病者が続出する、だからこの前オーディオ雑誌でケーブル特集を見たが、この雑誌は自作派中心の雑誌ではあるがそれでも12種類の紹介されていた電源ケーブル、ラインケーブルにしても最低が5万円である、こんな商売が成り立ってしまうということは電線病者が少なくない ということだろうか、 でもすごいなあと思うのは1本8万円のケーブルが普通の価格に思えてくる、サンシャインがこの価格なのはこの価格でないとたくさんは売れないだろう、衝動買いもしないだろう ということで決して良心的な考えでもなんでもない

いやでも他社の8万以上のケーブル、願わくばバンバン売れてほしい、それだけ市場があると勇気づけられる、でもおよそ売れていると思えない、その根拠、全国売上ランキングでサンシャインの電源ケーブルが上位に来てしまうくらいだから(爆) 本音は今の売れ行きでランキングはうんと下 というのが勇気づけられるのである、上位なんて全くうれしくない、今の3倍くらい売れていたらともかく・・・・と思うしだい

ではまた・・・・