オーディオショウ

しかし先日耳の確かな人間とオーディオショウに行ってこれは本当に音がひどいようなことを書きました。その当日はその人間にワタシはこう言いました、ブログでオーディオショウに行ってきたが本当にひどい音だった と書くとそれが仮に本当でも皆から反感買うよね・・・・・

でもつい言っちゃいますよね、本当にひどいかイマイチか、しかしこういうの聴くと自分のやっていることに自信と勇気が湧くというものです。この前述べたとおりです、そんな何もしなくともポンと置いただけでいい音しちゃったらアクセサリーメーカーはいらないですよ・・・・

まあでも前々から申し上げておりますが、SS誌の読者のような超超ハイエンドユーザー様たちの多くはアクセサリーなどの対策は全くなされていない、せいぜいケーブルに凝るくらい、幸い?というかスピーカーの下にボードくらいは敷いている、でも大したボードは敷いていない、というより性能的に大したことのあるボードはサンシャインしかない(爆) しかしボード休止している分際で、とおっしゃるかもしれないですが、超薄型シートでどこのメーカーのボードより良い性能は出せます、床からAシート、さらにB二枚重ね 定価2万円くらいで20万のボードより効果あるでしょう、ただこのような使い方は理解されないのでボードは再発させる必要は感じております、さらにさきほど述べた状態にSボード乗せればもう最強すぎる効果でしょう、でも最強はAシートBシート 他社製であるがディーレンプロ BシートSボードの順になるでしょう、とにかく足もとというのは非常に重要です、しかし超超ハイエンドユーザーのペア1000万超のスピーカーもボードは御影石だったりよくあるあるです。

まあそれでこの前のハイエンドショウはスピーカーはどこのブースもすべて直置きでした、まあ音がひどい理由はそれだけではないのはまあ当たり前、そこでいろいろな対策をして追い込んで追い込んで本当にその機器の真価を発揮するものだとつくづく感じました、だからよくオーディオアクセサリー専門誌で、本当かいな? と思ってしまうくらいの評価を受けている製品はいくつも見ます、まあ1の効果を10言っていることもあるかもしれないですが、変わること、良くなることは間違いないです、あとはお客様の懐しだいとなるわけで、とにかく大なり小なり音は良くなる

それで今日のお題、これを読んでいる皆様には関係ないですが、要はオーディオアクセサリーで音質向上対策をしていない方、特にSS誌の超超ハイエンドユーザーたち、この人たちは何でアクセサリーを使わないのか、でも半分の人は本当に音が良くなるならばアクセサリーは使ってみたいと思うはずです、いや75%はそうだと思います。それを99%するのがワタシの使命でしょう、とにかくポン置きで良い音がしちゃったらアクセサリーメーカーは要らない、  ということで今度のリレー試聴会、特に張り切ってまいります

それといままで気づかなかった理由、つまりオーディオショウに行ってこんなに音がひどいとなぜいままで感じなかったか、それは非常に単純な理由でしょう、今回初めて耳の確かな人間を引き連れて行ったからです、それまでは必ず一人でした、ワタシのダメ耳だけで判断して良いものか・・・・・ということだったのでしょう