リレー試聴会は

先日お伝えした目玉のRCAは事情により中止になりました。その代わりサンシャイン仕様のXLRのプロトタイプと2月に発売予定のサンシャインの新アクセサリーのお披露目をいたします、もちろんスピーカーケーブル、RCAケーブルもまだ試聴会でお披露目したことはございません

しかしながらサンシャインケーブルを全部つないだときと他社ケーブルの超高額品をつないだときの比較はぜひ聴いてほしいものです。ワタシは最近特に自社のケーブルに自信を深めております、まあTIGLONの社長が天才すぎるとしかいいようがありません、

それでせっかくならば同価格帯での比較ではなく、例えば電源ケーブルで言えば付属ケーブル サンシャインケーブル 超高額ケーブル この三種で比較したいものです。
ただし一品一品の実力では超高額が勝つかもしれませんが、例えば他社のフラッグシップモデルを全部つないだときとサンシャインケーブルを全部つないだとき、これは全く負ける気がしません、他社は高等技術があだになっているように思います、要は同じメーカーのものであってもそれぞれがクセが強すぎる ということです。どんなに高額なケーブルでも中身はただの普通の銅線です、それで例えば電源ケーブル、これは電気を機械に送り込む というのが一番の使命であり、これを出来るだけストレートに伝えること です、この使命に一番忠実なのがサンシャインです、銅線のクオリティが違いすぎます、原価にして二倍以上の銅線使っていますので、あとはそれをウルトラスーパーフレックスという特殊シース、HES処理という極めてシンプルもシンプルです、他社は安い銅線をゴテゴテの厚化粧です、もはや電気を機械に送り込む という一番の単純な使命を忘れてしまっているのではないでしょうか・・・・・・そう思うとプロ用と称して扱うメーカーのケーブルがこっちのほうが良い、と言っている意味はわかるような気はします、まあドンシャリですけれどね、それ以外は確かにそんなに色づけは極端ではない、それはそうです、そんな高級ケーブルみたいに厚化粧していませんので、どっちが良いと言われたらそれは高級ケーブルに決まってます、情報量の多さ、エネルギー感の強さというオーディオにとって一番楽しい部分は高級ケーブルにしかありません、が、その情報量、エネルギー感を高級ケーブル並みに、なおかつ色づけを排したのがサンシャイン、ということになるでしょう、その真価は全部につなぎかえたとき、もしくはワタシの一押しはスピーカーケーブルです

まあそれでサンシャインでは安すぎる という方は毎度毎度同じことを申し上げますが、ワタシにはほとんど実入りはありませんが、TIGLONやTADのケーブルをお求められることをおすすめします