XLR

先週のブログで思わずクチが滑ってしまいましたが、XLRのサンプルが完成したようです。 したようです、という表現になったのはあくまでTIGLON社からそのような報告があり、今週中にもサンシャインにサンプルを送ると言っております、ということはサンプルはリレー試聴会に間に合います。しかし問題はあくまでサンプル、プロトタイプであってまだ販売の見通しが立っておりません、そのようなことでクチが滑ってしまったということです。いや、このケーブルいくらでも良いなら今すぐにでも出せます、が、安く売りたかったら大量生産しなければいけません、そこでこれから価格交渉となるわけです、それがいつまでかかるかまだ何とも言えませんが・・・

それでかんじんの音ですが、TIGLONの沖野社長に言わせると、メチャメチャ良い ということで、こんなもの18.000円で出せたらそれはそれはすごいことだろう・・・ と。

しかしまずは二月発売予定のアクセサリーが先です、これのサンプルもXLRのサンプルと一緒に送るということで、このアクセサリーも今度のリレー試聴会でお目見えです。さてどのタイミングでXLRを発注するか ですね、これから価格交渉です・・・・・・

あと、TIGLONの2000Aが今年のオーディオめいき賞の電源ケーブルの部門のグランプリを取りました、ワタシの今まで言ってきたことは決してほら吹きではなかったということです、ワタシはこの電源ケーブルこそが日本一の電源ケーブルだとさんざん言ってきました、それを信じていただけた方がそのブログをごらんいただいて何パーセントの方が信用していただけたでしょうか、まあワタシとしては10%の方が さらにワタシの言っていることの10%も信用してくれたらそれで十分です、が、ワタシは根拠があって常にものを申し上げているわけです=10%以上の信憑性あり でも自分の中ではほぼ確信がなければ申し上げないです、そしてオーディオめいき賞のグランプリならば文句ないでしょう、グランプリですよグランプリ、まさに一番競合の多い賞レースで一番というのは最強の証でしょう

それでこれはまだTIGLON社には交渉していないですが、この2000A 市場価格よりさらに安く という方は今度のリレー試聴会にぜひいらしてください、というより、これから交渉します、それでオッケーかどうかは今週中にブログします。前回のリレー試聴会でも大幅値引きで2000Aをご提案したのですが正直ぜんぜん売れなかったです、しかし今回はグランプリです、間違いのない最高級品です、しかしそれでも2000Aは高くて買えない、 というようでしたらサンシャインをお求めください、いよいよ電源ケーブルはティグロンとサンシャインがあれば他は不要、クオリティだけを見れば とそのように思います。

しかしワタシが一番気に入っているのはスピーカーケーブルです、これやっぱりすごいでしょうどう考えても。あのウエスタンのスピーカーケーブルと導体は一緒で、しかもウエスタンはどうやら単線のようです、こちらは0.18ミリの撚り線です。それで以前も申し上げましたが、単線と撚り線どちらがよいか? そんなもの音の傾向が違いだけでクオリティは同じです、ただHSEをかけたときは表面積が多い分撚り線が有利だろう  ということで沖野社長はやっぱりオーディオ史上最強の天才技術者ですね、その証拠に本当に国内の大メーカー三社にOEMで製品を供給しているなんて彼だけですよ、一社だけだってすごいというのにもはや 神 レベル だと思います