2020.1.14

先日のブログはブログを打っているときに電話がかかってきてそれでとりあえずは更新をしてそのままになってしまいました。

それで前回の続きとしては、いよいよ韓国市場にサンシャイン製品を本格投入になります、

それで韓国はオーディオが盛んなのかと言われると、うーんこれは日本よりはるかに盛ん としか判断できません。特に韓国の雑誌社、日本で言うところのステレオサウンドとかステレオ とか、と比べるととにかく試聴ルームの規模が違います。それを人にいうと、いや、そういう雑誌社というのはメーカーから機材を提供される場合が多く、買っているということはありえない というのですが、それにしても日本とは違いすぎます、それだけ韓国に無償提供したほうが得があるのか? としか思えない、だからといってアクセサリーが売れるかと言われたらまた話は別なのですが、では具体的にその試聴ルームはといいますと、今後は画像とかアップできるようにしたいですね、もともとは画像をアップしようとして失敗してめんどくさがりやの自分としてはアップするのが嫌になったというそれだけのことです。 それで文章だけでその試聴ルームを伝えると、まず、大きな試聴ルームが4つあってスピーカーはというと、まずはアバンギャルドの一番いいやつ、型番は失念、あのペアで2000万はしたやつ、それとB&W800  さらに別部屋にはB&W803などなど、 日本だったら某雑誌社の場合いまだにB&Wの昔のやつとか最大手にしても800だけだったような

しかしその韓国の雑誌社(正確に言えばウェブだけで紙媒体は発売されていないようで韓国は世界一雑誌を読まない民族だと聞いたことがある)とはスケールが違いすぎる

ということで韓国はどうなるか、最初は超薄型制振シートからと思いましたがケーブルのほうが評価が高いようで、ならばケーブルからレビューしてもらいます。しかし推測ですが、これだけ超ド級のシステムそろえていて、それでそれまでつないでいたケーブルからサンシャインの安物に変えて評価が高いわけですからまあこちらとしてはしてやったりという感じです、2月には宣伝開始となるでしょう、

しかしその韓国のウェブサイトを見る限り、ケーブルにしても1本10万円以上は当たり前の世界である、いやいや本当にすごいとしかいいようがない、しかしワタシの行き方が間違っていないと思うのは、本当にこんな価格付けでは本当に一部のオーディオマニアにしか通用しない価格付けである、ではどうしてこんなにも高いのか、日本でもそうだがケーブルなんてちょっと良いものは10万円以上が当たり前、ラインケーブルなんて20万円以上が当たり前、ときどき5万円くらいのものでそれなりに良い評価が載っていると何か 安い! と錯覚してしまうから恐ろしい、本当に安くて良いものなんて自分で言うのも何ですが、サンシャイン以外ないのでは? と言いたくなるくらい他社製品は高い、ではなんで他社製品は高いか その理由は簡単だと思います、それは、安くて良いものが作れない・・・・・・ 

それと先週お客様からクレームあり、マグネシウムインシュレーターの中央部に突起が出てしまっている。 これは昨年某評論家の先生からも指摘を受けた点であり、それなりに真摯には受け止めたつもりでしたがでもさすがにエンドユーザー様からクレームが来たとなったらこれは限界ということで、確かに100個に1個は突起が出てしまっているものがあるように思います、今後はこのようなものが発覚したら交換 それしか手立てがないと思ったのですが、突起に関してはなんとなんと、やすりで簡単に突起は取れます、さらにサンシャインのマグネシウムインシュレーター(S5含む)は無塗装なのでやすりで削っても表面に少々の擦り傷が付く程度で使用上全く問題なしと判断しますので、もしこれが塗装済の製品であればこんなことは通用しないですが、サンシャインの商売の方針としては、マグネシウムという誰が見ても突出して高額な素材を安価提供している というものなので、使用上、性能上関係ないもので見た目の美しくないものはお許しいただいております、だいぶ以前に販売店様からもうちょっと価格を高くしていいから見た目を良くしてくれ という意見にも耳を貸さず、恐らくエンドユーザー様からも指摘を受けたこともあったと思います=もうちょっと高くていいから見た目を良くしてくれ、 こればかりはエンドユーザー様の意見も取り入れなかったです、価格は可能な限り安いほうがよい、どうせ目に見えない、見えにくいところにセットする製品に関しては性能が絶対、価格は極力安く、でないと売れる自信がないからこの方針は変えないだけです、みなさんがもうちょっと高くしていいから見た目をよく なんてありがたいご意見ならば喜んで価格上げて見た目良くします、しかし大多数の方は安いに越したことがない と思っていると判断いたします、何分にもサンシャイン製品、この価格にしてどこのメーカーよりも高額な素材を使っておりますのでご理解ください などとは申しませぬが 今後もこの方針は変えずにやってゆきます