さきほど専門家から電話がありまして、シールド付ケーブルとサンシャインのノンシールドケーブルとの違い。ノンシールドだと要はノイズが混入して音質を害する、だから高級ケーブルはシールドをするわけですが、少なくともオーディオに限り、シールドが必要な場合はスタジオなどの機材が山のように置かれている環境、および電源環境の悪いところではノイズが混入するが、ホームオーディオでクリーン電源などの対策をしていて特に電源環境の悪くないところだったらノイズ混入などありえない、という回答で、電源環境の悪くないところであればノンシールドの良さが十分に発揮される=サンシャインは良い導体を使っているのでその能力がいかんなく発揮される・・・・
ということです。

ということで安いモールドプラグ(RCAはモールドでないし安くない)、安いノンシールド、導体は最高級のサンシャインケーブルが最強というのは決して不思議ではないというさらなる確信  ということでみなさまよほど電源環境の悪いところでなければノンシールド関係ない という専門家からの報告がありました、さらにはシールドされているケーブルはそれはそれでシールドの音の欠点がある というのです、恐らくは 閉塞感 でしょうか。 そのようなことで少なくともサンシャインケーブル、電源ケーブルは特にアンプ部 RCAは一番効くのはプリパワー間 ここに関しては最高水準と申し上げておきます、欠点は芸術性には欠けるので特にCDプレーヤーの電源ケーブル、およびCDプレーヤーからプリまでのラインケーブルは他の選択はあると思います、ワタシは芸術性=個性は望んでいないのでサンシャインケーブルで十分ですが、ここに芸術性を求めるのは楽しいことだと思いますので否定はしません、ただ、ここの部分に凝りだすと本当に電線病というやつにかかります、電線病になりたくない方はサンシャインで固められるのがよろしいかと存じますが、それはそれで楽しい病気だと思いますので否定しません、なんかCDプレーヤーのケーブルとラインケーブルはお金が余っていたらここにはお金かけたいような、でもサンシャインケーブルの最大の長所の一つとして年金暮らしの人でも買える最高品質ケーブル!!まあでも芸術性も否定はしません、でもそんな高いケーブル買える方は高いケーブル買ってそのような方なら電源ケーブル一本にスパイラルエキサイター3本使えるでしょう・・・・と。
ラインケーブルはどんなに高額なものでも一本あれば十分です、あとサンシャイン電源ケーブルも一本で十分、 ということで何がいいたいかといいますと、ノンシールド基本的に音質悪に関係なし というところです

今日はなぜか忙しいので次回はニューSボードのしんちょく状況をご報告します、一ついえることは旧来のものと同じものを作ってもしょうがないということです、進化がなければ それも大いなる進化が それでいてS50=一番大判でも1万円台であること、でないと年金ぐらしの方が買えなくなってしまいます、しかし失礼なこと言ってますよね全くワタシにはデリカシーというものがありません、しかしデリカシーって言葉よくオーディオ界で目にしますけど誰が流行らせたのですかね、そうそうあの菅野沖彦先生では と。 ワタシはデリカシーという言葉が好きです、その理由はなんか非常に品格がある響きがします

ではまた来週 3/27