5/20

さきほどお客様から、以前ワタシがブログしております、ワタシのネタを全部パクッたマグネシウムワイヤーのケーブル、あれを使用されていらっしゃったお客様からどこが致命的な欠点なのか教えてください、 とありました。 しかしワタシは以前のブログの中で、それはよほど信用できる人間にしかそれは言えない、ましてや初めてメールしてこられるお客様には絶対に言えない、敵の回し者だったらどうするんだ!! それと仲のよいお客様でもそこから情報が発信されて敵に情報が伝わるというのはよくあることです。

が、こちらのお客様からのメールを拝見する限り、そのマグネシウムワイヤーの音に関して的確な欠点を申し上げていたので、そんな敵が的確な欠点など言えるわけがない、と判断します、あれは当然のことながら試していますが、あのマグネシウムワイヤーをすることで長所もあり短所もあるわけです、しかし雑誌は長所しか書かないわけです、そしてその短所を的確に言ってきたのでああこのお客様は間違いのないお客様だからワタシが他言無用をお願いしたら必ずお聞きくださると思いますのでのちほどその致命的な欠点をお返事させていただきます。

何がいいたいか、ただでさえ人様からお金を取れる製品を作るというのは簡単ではないというのにましてや難素材の極みであるマグネシウム、素人にできるものではありません、でもマグネシウムワイヤ、マグネシウムの知識は完全に素人レベルです、その宣伝塔のマグネシウム博士、聞いてあきれます、そんなのに乗ってしまったオーディオアクセサリー界では大御所のKもどうしようもなくなってしまったと思います。Kも組む相手を間違えてます、TIGLONと組むべきです、ただ、Kは昔TIGLONが修行してきたメーカーといろいろあったのでTIGLONを敵対視しているのかもしれませんが、商売にそんな感情は無用、要は過去何があろうが現在においてその相手が使えるか使えないか、それが大人というもので、そんな子供のケンカじゃないのだから と思います

それでその質問者の方はマグネシウムワイヤーのケーブルのその音が合わなくて他メーカーのケーブルに変えたそうですが、Kも同じ構造のケーブルを出しているわけでKも案外音というのをわかっていないのかもしれません、それに関してはさらにもっと大手のアクセサリーメーカー〇〇〇〇の開発者は音はぜんぜんわかっていないらしいです、ただしオーディオそのものに関しての知識はさすがプロフェッショナルではありますが、というのももう相当の昔にサンシャインのホームページに返信機能がついていたときにその方がさんざん荒らしに来ましたから・・・・・ まあもうその方はとっくにこのブログを読まなくなったでしょうがワタシが何もわからないとでも思ってましたか??
という感じです、まさにKにしてもここのメーカーにしても頭は抜群にいいがオーディオを聴く耳はない というところでしょうか、そんなやつは毎週コンサートに行ったほうがよいと思うのですが、そういう人に限ってプライドが高いからそんなもの必要ない!!!! となるのです。ワタシは聴く耳がないのでコンサートが再開されたらまた足しげく通います・・・・・・

でもそれよりイベントが再開になったらまずは女子プロレスに行きたいです・・・・・