5/26

一件サンシャイン電源ケーブルのお客様レビューが来ましたので掲載させていただきます

「ケーブル全体的には割とバランスが取れている、低音、中音、高音の力加減もバランスいい感覚でした。音は少し痩せていて、解析力も良し、あと割と繊細。ただ全体はナチュラルさがまだで、音のフレッシュさ、サウンドフィールドの広さおよび高周波の伸びがまだまだ、という感じです。」

結構辛口の意見が来ましたのでそれはそれで掲載させていただきましたただしこの方が使っている電源ケーブルというのはシルテックとかクリスタルなどの一本180万円、税金を入れたら200万円クラスのものです RCAは300万超えです。

今までサンシャインケーブルと比較して来た電源ケーブルの価格とは上は40万円のものです、そして今回は一気に5倍です、いやいやこういう比較って楽しいものです
みなさま特にこういうのに興味があるのでは と思う次第です。それで今回レビューいただいた方は中国の方です、仕事は何をやっているかはわかりませんが、通訳を介してですがとにかく高価なものを集めるのが趣味だと言ってます、中国パワーはすごいですね。

このレビューを見て私は何を思ったかというと、ならばサンシャインアクセサリーで本気で180万円のクオリティを目指そうじゃないか もちろん出費はせいぜい5万円です5万で180万の効果ならそれ出せない人はいないだろうし満足しかないだろう・・・・

しかしながら私は180万の電源ケーブルを聴いたことがないし、確かな人、例えばティグロンの社長とかオーディオ評論家の先生もこんなもの聴いたことある先生はいるのか 恐らく聴いたことないだろう今はPSEという悪法で電源ケーブルは出回っているもので最高で40万円クラスです、それでも相当高額だというのに180万ですよ180万、ラインケーブルに至っては300万、電源ケーブルとRCA1本ずつだけでレクサスのSUVが買えてしまいます

それで私もプロのはしくれならば想像の世界でさらにその想像が7割以上当たっていること、そのような見る目がないとダメだと思います。

ならばサンシャインケーブル 40万円のケーブル 180万円のケーブル、これらの違いを想像の世界で申し上げましょう。

しかしサンシャインケーブルと40万円クラスのケーブルは色々なところでこれは比較されていますので結果は出てます。それは40万円の方が良いに決まっているがうるさいこと

言わなければサンシャインで十分、特にアコースティックな楽器の再現、低域の開放感 という点においては差がない・・・・  ただし20万後半くらいのケーブルと比べても

特に高域方向の精度の高さは20万後半の方が上、ただし、20万後半のものと比べたら低域はむしろサンシャインの方が良いのでは?

でもサンシャインがこんな価格で売っている理由は一点だけです、要はこの価格、つまりどんなによくとも1万円台じゃないと人は次々に衝動買いしない、でも私の性格は何も

他社の最高額品を超えなくていいから遜色ないものを出したいわけです。

それでこの中国人のお客さんのレビューを見るとサンシャインケーブルと180万円、さすがに実力に開きがあるように思います、まあ評論家ではないので、このお客様の意見を半分鵜呑みにする

ということで、では180万のケーブルはどんなケーブルなのかと言われたら、それは100万以上のケーブルというのはほぼほぼ銀線が使われています。銀の方が導電率が銅に比べて8パーセント高い

のです、しかしながら銀は銅よりさらに内部損失がない=素材の音が乗る性質にあるので銅よりはるかに扱いが難しくなります、うまく扱えばお客様が指摘されているように高域方向のエネルギー感、さらにはステージ感の広さ

などを獲得できるでしょう、言い換えればサンシャインケーブルもこの辺をもっと獲得できたら180万と目をつぶって聴いたらその違いがわからない  というのを期待できるかもしれませんが、ここの部分を獲得、特に高域方向の

そのような音の再現というのは銀線ならではだと思います、これがハイファイか と言われたら違うと思いますが、いかにも高額品の色付け という点で私は大いに評価して良いと思います、ただしプロに言わせると所詮銀の音でしょ

と言われるかもしれないです、

そこでサンシャインの行き方といては高域方向では180万円のケーブルにはかなわないが、音の格としては同格 を目指したいです。しかしそれはスパイラルエキサイターによって実現されているように思います。

その根拠は次回お話ししたいと思います、サンシャインケーブルの目指すところは本気で電源なら180万円 RCAなら300万と同格を目指すものです。ケーブル単体だったらそれはかなわないです、お値段100倍以上ですし

しかし思い出しました、この180万円の電源ケーブルを出しているメーカーからイヤホンリケーブルを聴いたことがあるこれは日本人の方から連絡をいただいたことがあります、それを聴いた印象は パッと聴きは本当に素晴らしい、でも決してハイファイではない、飽きる、サンシャインのほうがよっぽどハイファイ のようなことをおっしゃってました、それ思うとワタシの読みに狂いはないかも、要は180万の電源ケーブル 究極の色づけ、そしてそれがほぼ誰が聴いても良く聴こえる、特にこの中国人の方がおっしゃっているような高域方向、およびステージ感に広さフレッシュ感などなど。でも多くのオーディオマニアが負け惜しみ抜きで言うかもしれない、そんな高い金額まで出して色づけを買おうとは思わない、 それに対しワタシ、買える方はどんどん買った方がいいんじゃないですか? それが趣味というものです、買えない方はサンシャイン製品を駆使して180万に追い付き追い越しましょう、ハイレゾ録音など新しくて情報量の多い録音の再現なら勝てるかもしれません・・・・