7/29

RCAの項に今の私の心境のようなものを記しましたのでぜひごらんください、これを記した理由というのは完全に異業種進出を考えたもので水面下では交渉がすすめられています、それでサンシャインケーブルが性能に反比例して価格を抑えている といのもそういうことです・・・・・ というのは恐らくウソです。一番価格を抑えている理由はどんなによくともこれくらに価格に抑えないと人は衝動買いしない・・・・・

それで一度ハーレムになりそこねています。TIGLONの社長さんと異業種進出の話をしていたところ、お互いが思い出したように、超薄型制振シートが発売されてまもなく、最大手レコード会社のチーフエンジニアがこのシートを使っている・・・・・ それを聞いて今思うとなにを遠慮してしまったのだ、 その事実があるならばそのチーフエンジニアに話を通して場合によってはお布施もそれなりに出してレコーディング界にこの人がレコーディングに超薄型制振シートを使っている と知れ渡ったらそれはもうハーレム行だったでしょう、要はあまりにも大物すぎて遠慮萎縮してしまったということで、それで今からでも遅くはないからその人に話を、 とTIGLONの社長さんに言ったらいやそれはもう10年以上前の話なので誰だか忘れたし音信も不通だ   と

でもそのネタ中国とか韓国の販売ネタで使えるかもです、ただ、残念なのはTIGLONの社長さん、それは仕方ないことですが、10年以上前の話です、何の機器に超薄型制振シートを使っていたか覚えていないというのです、おそらくコンソールの上に乗っているインターフェースではないか? と聞いたらいやそれは違う とのことで他に機器といったらそんなレコーディングスタジオは機器が一台一台ネジで止まっていて浮いている状態だからシートは使えないのでは? 本当にいったい何に使っていたのか不明、あのとき本当に聞いた瞬間ドン欲になればよかったとそれははっきり言って商売の才能がないからです、本当に商売の才能のある人はそこは逃さずモノにするのでしょう

でもいずれにしても超薄型制振シートというのはものすごく効くのです・・・・ まあでも以前のホームページと違っていまは閲覧数激減なのでそろそろ実名を言っても良いですが、まあこれは 品 という意味で控えます、一ついえることは国内最大手 です。