8/7

明日から16日まで多くのところはお盆休みである、ということはこのブログも17日まではお休みである、となるとちょっと長めに書いておきたいと思います

まず何を書こうと思いましたが、まずは下ネタ=却下 却下の理由はこれを特におもしろおかしく読んでくれる人はウチの会社でバイトしていた美人の新卒三年目のあの子くらいで、他にも少なくない美女の閲覧があったら張り切って下ネタ炸裂させて笑いを取ろうと思いますが、1人では却下、それで一つだけこのコに言いたいことは、男は決して見た目でも身長でもない、イケメンは速攻性という点では極めて有利だけれど、大事なのはメンタルの強さとあとは面白いこと・・・・

ということで次に池袋の街中ネタ、これは今日は本当にテレビドラマではないけれど本当に犯人逮捕の瞬間を目撃!! 以前はよく不法な職務質問をネタにしておりましたが、今日も相変わらずおまわりさんは違法な職務質問をしております。しかし声をかけられた人がヤバい物を持っていたら逮捕のわけで、今日は5人くらいのおまわりさんに中東人らしき人が囲まれておまわりさんがビニール袋を手に持って上にあげていて、中東人が路上にへなへなと座り込んでしまいました。要はそのビニール袋の中、間違いなくヤクでしょう。それを見てなにを思ったか、やっぱり池袋はアホな街だ、こういうのが後を絶たないから違法な職務質問がなくならない。本当にアホとしかいいようがない、これを見てしまうとノルマのための職質だろうがなんだろうがやばいモノ持って歩いているほうが悪い、だいたいそんなもの持って池袋の街を歩くのがアホ。でもまた職務質問されたら徹底的に戦うけれど、あと駅構内を占領するのはさすがにやりすぎだとは思う、通行人が迷惑すぎる、よくJRはこんなの許すと思う、どうせ街の平和のためとダマされているんだろう、公務員は大ウソつきですから売上とか責任がないですから、でもいなければいけないものですから公務員がムチャクチャなのは特権ですかね、特に政治は、もう本当にムチャクチャですよ、もうコロナどうこうじゃないですよ、そんな東京都は夜10時以降飲食は営業してはいけないなんて飲食店は死ねといっているようなものです。池袋民としてはもう憤慨もいいところです。狂いすぎでしょう、これに関しては意見は譲らないです、ここで言うことでもありませんが・・・・

次に製品ネタ。
今週は結構仕事さぼってしまって税関で止まっているボード用の木の受け取り手続きをしていません。恐らくというか確実にスパイラルエキサイターがカーオーディオ史上最強の話を聞いて、これは日本はもちろん中国アメリカ韓国 それだけでもこれはハーレムの一番の近道!!!!  これは自分が正確にカーオーディオを把握し、使いどころを的確に指示できればこれは相当夢がある、やっぱり何よりも効果が大きいというのが一番、次に競合品が少ないこと、スパイラルに限っては事実上競合品がない、これはやる気が出ます。しかしサンシャインユーザーをしては新ボードにアースというのは非常に望んでいる製品だと思うのでひきつづきこちらの開発は続けます

次に趣味のネタ
ただどうしても多くの方は自粛でしょう、登山 旅行 避暑地 鉄道ネタなど 凝っているもの多数ありますが、これはもう来年ネタですね。コロナに関しては多くを語らずです。世の中の90%の人はコロナ自粛肯定派ですので否定的なことを書くと90%の方が不快になります、ただ飲食に関してはもうコロナどうこうじゃないでしょ、自分たち=政治家たちは別にコロナのせいで収入が減るわけでもなし、しかしおえらい人の発言一つで中にはほとんどなくなってしまう人だって少なくないのです、特に飲食業は、そんなコロナ重篤患者の何倍いることか、比べものにならないでしょう、それで仮に夜10時までの営業を守らなくても客は政治が夜10時と言ってしまったらもう来ないのです、わるもの扱いされてしまいますので、ワタクシみたいなわるものは全く気にしないのですが・・・・・
あと映画館もガラガラです、真の映画好きは来るでしょうが、デートや家族で映画館行こう とはなかなかならないでしょう、でもやっぱりグランドシネマサンシャインの日本一の巨大スクリーンは最高です、高さが6階建てのマンションくらいあるので本当にそれはそれはすごいです。ただ、音量は本当にものすごすぎるくらいデカいのでそれでも2週間に一度は見に行きたくなります、ホームシアターで決定的にダメなのはここまでの音量出せない ことです、地下室でも作らない限り無理ですね

次に今後の抱負
実は一番書きたかったのは やっぱり下ネタです。昨日などもとあるホームパーティに参加してあまりにも刺激的な場面に遭遇しました。また参加者の話なども特に女子(みんな23歳)から聞けてとても勉強になりました、全て草食系男子くんたちに言ってやりたいです、自分はそんな草食系男子クンを応援する応援団長を目指したいですね。そうすることにより自分の暗黒だった青春時代の悪夢が癒されるのです、なにも人のためではありません、自分のうっぷんを晴らす場です、そうでなければやってられない という感じです。