8/19

またまた醜い自慢話、中学のときは自他ともに認める日本一の地理オタクとして今も通用するか ということで昨日とある人との会話で

ワタシ→ご出身はとちらですか?

とある人→北海道です

ワタシ→北海道ならどこ言われてもわかりますよ

とある人→なかしべつ です

ワタシ→(十秒間考えた、うーん それで)ああ北海道のずっと東側のところですね なかは中 しべは標  つは津の

とある人→ そうです、なんでわかるんですか?

ワタシ→それは日本一の地理オタクなもので・・・・・・

   それで十秒間考えてしまったのは北海道はしべつと付く地名が士別と標津があり最初は士別が思い浮かんだのですがはて中がついた士別なんてあったか ということ
   でならあっちの標津しかないだろう ということで北海道の東側 と言ったわけです しなみに士別は北海道の中央よりちょっと北寄りです

さて、なかしべつなんて言われてわかる人はおそらく北海道人を除けば人口1億二千万人中100人いるか?

それでワタシの醜い饒舌はつづく、あそこはほとんどが牧場で人の数よりも圧倒的に牛の数が多い といったらとある人は そうそう と嬉しそうな顔!! こっちはどや顔で、さらにもうちょっと行くとオホーツク海で尾岱沼(おだいとう)とかの観光スポットがある  とある人→ ええー?来たことあるのですか? ワタシ→ない、だから地理オタクなので、行ったところもないところでもそこの土地の風景が頭の中で描ける、写真は相当数見ているので・・・・・

ああこれくらいオーディオに対する知識、ものづくりの才能があれば世界一のオーディオマイスターになれたのだろうけれど