9/15

ブログはひんぱんに更新しなければとそのように思っております、どんなにつまらないことでも と思います。では今日もつまらないこと ということで

何にしようか考えました、定番の製品売りあおりか、それとも下ネタか? それとも池袋の街の風景か? ということで今日は実は昨日久々にラーメンなるものを食べまして、以前は年間360杯はラーメン屋めぐりをしておりましたが、もともと胃腸の弱いワタシは何度も腹を下すようになり、ついにギブアップ、それでもラーメンは大好きなので間違いのないあっさり味のラーメン屋しか通っていませんでしたが、それでもときどき腹を下すこと覚悟で評判のラーメン屋に行くことあります。しかし評判のラーメン屋はだいたいがこってりとしているので胃腸の弱いワタシには非常に厳しいです。

それで昨日訪れたのは、池袋のラーメンの食べログランキングで確か一位だった フルル というお店です。この店はラーメン界では有名なちゃぶ屋という店で修業した人がオープンしたラーメン屋でハワイアンを基調にしたおしゃれなラーメン屋さんでどちらかというとあっさり味のしょうゆラーメンと塩ラーメンの店です。それで食べた感想ですが、仕上げにレンゲ一杯の調味油を入れるのですが、それを入れると当然おいしいのですがどうもこの調味油で味をごまかされているような感じがするのでこういうラーメンは好きではありません、それと味が洗練しすぎていて、なんかぐっとくるものがない、これはあっさりだからとかそういうレベルではない、それでワタシの評価は
 好きではない、しかし一つの基準としている街の中華屋さんにあるラーメン一杯500円 要はラーメンもかつどんもカレーライスもなんでもある街の中華やさん、これを基準とすると技術力の高さは一杯1300円の技術力の高さは感じる、それを思うとこれだけの作品で800円というのは見事としかいいようがない、さすがにラーメン一筋に命をかけているだけのことはあるし、さすが食べログ池袋一位の点数の店。まあ本当に味なんてものはその好みは人それぞれである、好き嫌いを言わせず高い次元であることが重要なように感じました、それはオーディオの製品づくり とくにアクセサリーはコストパフォーマンスは重要だと感じます。スピーカーとかアンプの機器類は見た目と金額が一致していればまずはいいと思います、ワタシはアクセサリーに見た目の価値は求めません、が、見た目の価値を求めるオーディオマニアもたくさんいらっしゃいます、趣味の世界だからまあそれは人それぞれ だと思います