11/2

今後の新製品計画ですが、来年5月遅くて8月を目標に新製品と時期を同じくしてボード復活と行きたいものです。ボードはやはり土台となる木は天然木が良いと思います
現在サンプルの木を見る限り大丈夫そうな感じです。オール天然木のボードは存在しないはずです、理由は品質管理上の問題です、やっぱりクレームというものをメーカーは一番気にします。しかし天然木のボードは本当に冒険であり、ただし書きを当然入れておきます。まあ他のメーカーだったらきっちりとした製品=性能より見た目がよく、トラブルがないほうを当然選ぶでしょうが、サンシャインは音質至上主義で行きます、それと価格もそれなりに求めやすいという線は崩さずです。

それで他メーカー、天然木をうたっているボードも必ずMDFを合わせています、品質管理上の問題です、でも音は確実に曇ります、MDF使うくらいなら製品なんて出しません、

そのようなことでボードは復活させたいです、オールマグネシウムのVシートに関しては正直原価が高いです、これはどうするか悩みどころです。まあでもこれはもはやちょっと根性が腐りかけの考えですが、日本より中国市場を見据えて一枚3万円くらい でもオールマグネシウムでこれは破格だとは思いますが、アルミボードでさえ他メーカーは4万円くらいしますので、でも中国市場見据えるならば定価は上がってでも見た目よくしないとダメです、そうなるとサンシャンのポリシーからは外れてくるので、しかしBシート発売以来値上げなしです、原価はだいぶ上がってしまってますが、これずっと据え置きならば と思う次第 
それよりまずは1万円台の高性能天然木採用のボードでしょうか これに新しいアースコードか何か発売したいですね