11/4

いま世の中の最大の関心事の一つにアメリカ大統領選挙があると思います、これを見てなにを思うか、日本は総理大臣は国民の選挙ではないのでさてそれはどちらがよいのかはワタシにはわかりませんが、その国で一番エライ人を決めるならばやっぱり国民投票のほうが良いかもしれませんが税金も相当かかりそうな・・・・

まあアメリカに関しては誰が大統領になっても個人的な生活が変わるわけではない、ただし業種によっては変わるようです

我ながらなんかつまらないブログをしていると思います、どうも政治は苦手というかこの手の話題はとにかくワタシの頭では周りについてゆけない、ならばここ10年以内で池袋の政治家の街頭演説で印象的だったのは次の三人

1,石原慎太郎氏  田中真紀子女史に言わせるとおいぼれじいさんのようなことをおっしゃってましたがナマ石原はメチャメチャイケメンでした、それまでどちらかというと石原嫌いだったのですがあのイケメンぶりを見て考え方が変わった、またワタシの周りにいる頭の良い方々は石原氏のことをとんでもないブラックマンのようなことを言うが都庁の人間とプライベートで飲み会をしたとき、誰も石原氏の悪口を言うものはいなかった、ワタシの周りのこういう人が石原さんの裏の素顔のようなものを言っていた、というと、いや、石原さんはそんな人じゃない・・・・・・・=現場からの信頼は絶大のようである

2小池百合子都知事、 誰よりも熱気を感じた、それまで小池嫌いだったのがこの人ならば都をまかせて良いのでは?と考え方が変わったしだい、ただし都庁の人間に言わせると一生懸命すぎて現場泣かせ  だそう。まあでもこの前の都知事選挙で誰もが感じたことだと思いますが、小池さん以外これといった人がいない です。小池良い悪い以前の問題のような・・・・

3枝野(下の名前は失念) いままで見た演説の中で一番まあ本当にクチの減らない野郎だ!! これが政治家というものか? とミョーに関心したしだい

まあとにかく池袋の駅前は次から次へと街頭演説者がやってくるが特に印象的だったのは以上でした

個人的にはアメリカの大統領はどちらがなっても自分には関係ないのでどうせならトランプさんが劣勢らしいのでミラクルを起こして相変わらず世界で一番愉快な大統領であってほしいかな? とまあどうでも良いことですが・・・・・・・