11/5

いま海外にサンシャインの製品を売りこんでいます。しかし完全に海外用のモデルであり、日本向けではありません。本来のサンシャインの主力製品は超薄型制振シート、オーディオボード マグネシウムインシュレーター スペンサーなどです。しかしこれらは海外にはあまりに不向きな製品群でここ10年海外に必死に売り込みましたが結果を得られていません、理由はボードシート類は単価が安い割には送料が高い、マグネシウムインシュレーターは完全に日本向けの製品=音質重視の無塗装製品であり、これはマグネシウムインシュレーターがサビ防止のために塗装されたときに某最大手のオーディオ専門店のカリスマ社長が塗装されたら音が悪くなった という発言が大きいと思います、以来サビ汚れありでも無塗装のマグネシウムインシュレーターが受け入れられサンシャインも一貫して音質重視の姿勢、しかしそれは海外では通用せず、まずは音質犠牲にしてでも見た目 ということになります。

しかしオーディオユーザーのため、という点ではそんな海外向けの見た目のよいちょっと値の張る製品より超薄型制振シートやケーブルであれば最近の電源ケーブルやRCAケーブルが と思いますが、どことは言わないですが、最近ちょっと某宣伝媒体社にこういう製品を試してみてくれと連絡したら無視です、どうしようもないです日本のメディアは腐ってます、名誉のために言っておきますが、この宣伝媒体社はオーディオ関連ではありません、未知なる分野への参入です、でも結果が出るかどうか本当に未知の世界で広告費数百万とかありえないですね、まあでもいまそんなに儲かっている宣伝媒体社はオーディオに限らずそんなにないと思いますよ、大手は別として、例えば電通とか博報堂とか、こういうのはがっちりと日本を代表する大企業が付きますので。しかし中小の宣伝媒体社もなんか強気というかナメられてます。まあでも世の常識からしていきなり飛び込みに行ってもダメで、やっぱりコネのようなものがなければなかなか理解されないものだと思います

さて、海外、主に中国ですがうまくいくかどうか、しかしこれがうまくいっても行かなくとも自分の中では来年に強烈な新製品を出すつもりでこれでハーレムを獲得してやろうと燃えております・・・・・