11/27

しかしちょっと愚痴をこぼすならば前のホームページが消えてから今日に至るまでアクセス数は戻らないです。それでも以前とあるもっとも信頼あるお客様から アクセス数が戻ると信じていまのうちからブログをどんどん更新しなさい!! と励まされ今日に至っています。でももうアクセス数が戻れば というより一人でも読んでくださる方がいらっしゃるならばブログを打ち続けるしかないと思います。しかしどんなにがんばっても本当にアクセス数が増えない、アクセス数が多い同業者は本当に今更ながら尊敬します。サンシャインだってバイトを募集の時期も手伝って以前のホームページはたった一日だけでしたがあのサンシャインシティの上を行ったこともあります。いやあお客様だけで毎日サンシャインシティの上に行けたらもう本当に大ハーレムです。しかしあきらめてはいません、そのようなことで来年はいままでの商売的な反省をもとにして原価は安く、価格はある程度高く売れるものの製作に入ります、高い といってもいまのところ定価35.000円くらいです、これを世界的に売りたいわけです、もちろん原価は安く、効果は絶大、見た目もよい、誰もが使っているもの、しかし他にはない個性がいっぱい詰まっているもの。やっぱり他にはない個性特長がないと製品はそんなに売れるものではないと思います、それで要はさんまんごせんせん 安い!! と思わせるような製品を作ることだと考えます、現実問題どんなにモノがよくても絶対値としての壁は5万円だと思います、それ以内なら驚くほどのものではない、10万超えるとちょっとどころか結構しんどいかな? という気はします、この金額からはアクセサリーだったら言葉は好きではないですが、 お金持ち しか買えない世界になるのではと感じます、そういうの出してよいと思いますが、趣味の世界ですから、要は内容と価格、それで価格がこの内容でこれはすごい となったら上はいくらでもありがオーディオの世界のように思います、自分に言わせれば今のところ機器はデザイン代、アクセサリーは価格に関係なく性能がすべて、本当にこの内容でこれは と思うものは機器ではゼロ、ただしマッキントッシュ、アキュフェーズはセンスが良いと思う、金があったらTADが欲しいか、アクセサリーはTIGLONの2000Aがフルテックの最上のプラグ付けてよくあんな金額で出している、しかもマグネシウムシールドやディップフォーミング使って と。内容的には他社だったら60万の内容でしょう

でもサンシャインの電源ケーブル 手前味噌で恐縮ですが、どうしてあの価格、あの貧相な見た目で音がすごいのか、聴き方を変えればあれがナンバーワンともいえるクオリティ その秘密の一つはプラグが無メッキだからでしょう、これはとあるオーディオショップの店長様からヒントをいただいてなるほどと思ったしだいです、本当に良い線材はメッキはいらないです、メッキはしょぼい線材に色を付けて音を良くする手段です、しかし基本特に電源ケーブルはPSEの関係でTIGLONもメッキありの他メーカーのメッキありのプラグを使わざるをえないわけです、サンシャインは極東電線さんからPSE取得してもらっているモールドプラグ=無メッキなのでこれは偶然の産物です。余計に色づけがない、本当に極めてモニターチックでありながら開放的で生生しいのが特徴です。
色つけたほうが音が良いに決まっている という方も多いでしょうからサンシャインが絶対などとはいいません、あくまで聴き方を変えればサンシャインがナンバーワン
ということです、別の角度から聴けば本当にたいしたことないものかもしれません、でもワタシのようなクラシックオタク、特にオーケストラマニアにはこれが一番でしょう

これからもアクセス数増えないことめげずに毎日を目標に、最低週三回を目標になんでもよいのでブログ更新します