1/13

いま、Vボードが発売に向けて着々と進んでいます、最初はVシートの二倍厚ということでしたが、TIGLONの沖野社長からそんなことではいけない ということで相当改良を加えたものになります。それで価格としては売価5万円台を目指しております、サンシャインにしてはずいぶん高価な製品になりますが、これはいままでのように他社製品の最高額品より明らかに劣らなければよい というコンセプトのものではなく、本当に最高究極を狙ったものです、やっぱりいままでSボード、Vシートなど手掛けてきたのであれば常識的価格内で圧倒的に良いものを作りたい、それは最近本当にパクリ、ダマシメーカーの次々なる出現によってワタシの思考回路は製品の効果で圧倒してやろう という考えになり、ただしボードごとき売価一枚5万円台以内、インシュレーター一個売価1万円(四個4万円以内) これ以上はワタシの中では考えられません、これ本当にワタシの中でもアクセサリーの上限価格です、

それで仮に売価5万円台=定価税抜で6万円程度で出したとしましょう、絶対値的には安くはないです、やや高め、しかし今度のボードはボードであるから当然ながらスピーカーの下用でもあるわけです。それでスピーカーの下となると2枚必要だから12万になるわけです。そこで、廉価版を出そうかどうか考えました、例えばですが、本作はマグネシウムのはりあわせですが、これをマグネシウムと別の金属で貼りあわせる とか、それで廉価版は約半額とか、それで効果は本作に準ずる、他社製品と比べたら圧倒的、いかなる高額のボードもかなわない、 とうことで現在廉価版も出そうかどうか考えておりますが、まずは廉価版は出さない方向でいます。
というのも例えば本作が10万とかするならともかく実売5万円程度であればより良いものを望む方が多いとみます、またこのくらいの価格だとまずは1枚お試しになると思います、そうなると廉価版は海外展開も と考えるならば必要かもしれませんが、海外のオーディオショウは秋までありません、それで秋になって廉価版を出すようになったら本作の定価をもっと上げて売価は変わらないような操作が必要なように思います

そんなことでVシートをもってしてでさえ当時オーディオアクセサリー史上最強の製品ということで販売してゆきましたが時は流れ、これをオールマグネシウムでSボードと同じ重量=まさにVボードとし、さらに形状も単純な形状ではなく、よりよい振動処理能力をもったものに変えるつもりです、25000円の再発より5万の効果数倍をお客様は望んでいらっしゃると確信するしだいですし、なによりも自分がユーザーだったら他社メーカーみたいにあほらしい価格でなければ と思います。 一つ本当にパクリメーカーがそんなものか と思うこととして、電源ケーブルをパクったはいいですが(いいわけないですが)どこもサンシャインと同じ価格では出してきません、もっと明らかに高額です、中身は全く同じです、良心のかけらもないバカどもと申し上げておきましょう・・・・・

それでボードの発売予定時期としては4月下旬 インシュレーターは5月下旬を考えております、インシュレーターはインシュレーターで楽しみなのは我ながらこれをオールマグネシウムでやるか???? これ一個1万円以内ならば文句ないでしょ というものです。