1/14

インシュレーターもボードと並行してすすめます。最初はまずボードと思っておりましたが、今回もTIGLON社に一任することにしました、そうなるとサンシャイン単独でやるよりも二か月くらい先のびする可能性があります、特にTIGLON社の案だと外観もかっこよく塗装も高級感たっぷり、そしてそれが音にもよい塗装、ということで、ワタシもそれを了承しました、 となると金額が非常に上がるのでは?  

それでもうケチケチしないで内情を明かしてしまいましょう、当初マグネシウム二倍厚のボードを実売5万以内で出すと言っていましたが、実際は3万円台で出すつもりでした。そのほうがお客様がたから おお!! ってなるのでは という狙いがありました。実はマグネシウムの厚さが二倍になったところで製作費は薄いものと一緒なのであとは単純にマグネシウム代だけのわけです、それで前回のVシートが22.000円、しかしこれは原価設定が間違えている、とさんざん言い訳をして、2倍厚の適正価格をさも5万に見せかけて実際は定価39.000円を付けようと考えておりました。しかしTIGLON社の意見を聞くと、これは素晴らしいものが出来そうだ、これこそ価格が5万円以内なら、つまりあと定価1万円増しで済むなら いや、定価5万前半までなら許せる、ワタシは常々絶対値で割と難なく買える金額はなんだかんだいって5万円まで、出来れば税込で5万円 というのが持論  ならTIGLON社の意見を全面的に取り入れましょう、見た目は三倍くらいの価格差がありそうになります。もちろん効果もそのくらいはありそうな、それで1万増で済むなら という考えです。 それででは果たして1万増しで出来るのか? と言われたら特に塗装であるとかその他のお金のかかる細かい作業は極力中国でやってそれで最後に日本で貼りあわせる といってます、たしかに日本で全部追加作業したら定価で2万は跳ね返ってくると思います
そんなことで何の変哲もない二倍厚のボード39000円だったらこれ以上ないくらい手の込んだオールマグネシウムボード50.000円と取ります、そして本当にこれが上限も上限、これ以上の価格はスタンダードにはならないです、本当に高級ボードのスタンダードを目指します。

まあそれでボードが時間がかかりそうなので本当に究極のマグネシウムインシュレーター同時並行します、どちらが先に発売になるかはわからないです、おそらくともに5月までは発売開始、もしかしたらインシュレーターのほうが早くなるかもしれません、インシュレーターは特に他メーカーで一個10万円する形状のもの=少なくとも3社みかけていますが、それをマグネシウムに変えて一個1万円で売ろうと、他メーカーの10万円のものはステンレス製かアルミ製なのでこれマグネに変えたら1個100万の音がするだろう、それを1万円でうるというサンシャインが一番好きな製品の出し方です。このインシュレーターに関してはおおよそ二年前のリレー試聴会にそのいったんを公開しています、そうです、ついに あれ を使います。  まあそれで全部そっくりそのままの形にしてしまうと何かと問題が起きるかもしれませんからとにかく適当に変えられるところは変えて、でも自分的にはそのメーカーのインシュレーターを見るまでもなくこれが最高だと思っているものです、やりましょう、すべては最高 のために です。価格も上記に収まっていればまあ許される価格でしょう、まあ過去某日本のメーカーが一個3万 3個9万円で大ヒットを飛ばしたインシュレーターもありますが、それは自分の性格には合わないです、まあでも今回のは一個3万でも安いと思いますよ、ただし、本当に3万で売りたいのならば塗装はそれなりにしないと とは思いますが実際は1万で売るつもりです、とにかくこれがんばります、いやでももしかしたらですが、もうちょっと手の込んだものを一個12.000円までにするかもです、オールマグネシウムでこれならば  と思っていただけることが重要です、せっかくならば最強のものを作りたいです、しかし本当にもう12.000円が限界も限界、それ以上はワタシのキャラクターではない です

では本当に近い将来最強二品目をひっさげてまいります・・・・・・・