2/1

新製品の進捗状況

究極のインシュレーターとボードを出すと予告しております。それでボードに関しましてはTIGLON社に製造を一任することにしましたので、これはちょっと時間がかかるかもしれません、5月中に販売出来ればと考えております、が、ちょっと意見の相違でもめているところもありますが、究極を作りたかったらTIGLONに一任するべきと判断しています、あまりに意見の相違が大きいと大幅に遅れるかもしれません、でもワタシはTIGLONの社長を心から信頼しているので変えるつもりはありません

インシュレーターはこれは4月中旬発売を目指しております。

ボードに関しては外観も含め究極を作ろうと考えておりますので、そんなに安い価格にはならないですが、常識の範囲内の価格にしたいとそのように考えております。
インシュレーターは究極にしては安く出したいと考えます、一個上限1万円と申し上げていましたが、一個7000円 三点で21000円、四点で28000円を目指しています、わりと同型の他社インシュレーターは三点で12万円はするので、それをオール純マグネシウムならば言うことないだろう という感じです、これは本当にインシュレーターの王、ひいてはオーディオアクセサリーとはまさにこういうモノ!! と言わんばかりの製品にしたいです、ボードはともかくインシュレーターなんてどんなに性能がよかろうが良い素材使おうが高くて一個1万円が上限だよ、なぜならたかがインシュレーターでしょう というのが弊社の考えです、それ以上のものは利益取りすぎ ですね、結構存在するからこの世界は恐ろしいです、原価なんてたかが知れているだろうインシュレーターは、その証拠に一個あたり小さいですよ、純金のかたまりとかじゃない限りそんな高額にはならないですよ、仮に純銀のスパイク受けがあったとしてもキロ単価は高いですが、一個あたりにしたらたいしたことないです、ましてや他メーカーはアルミやステンレスといったような原価はゴミのような素材でどうしてあんなに高いのでしょう・・・・ というのが率直な感想、クチは相当悪いですがすみませんという感じです、最近は盗人メーカー続出のためさらにクチは悪くなりそうです、あまりに不快なときはご指摘をお願いいたします