2/3

今日はめずらしく他メーカーの人と話をしまして、そうしましたらメーカーの人が、このご時世元気でやっていますか? というので、ワタシはとても元気元気 と。そうしたらメーカーの人、進藤さんは夜の街で鍛えられていらっしゃるから・・・・・  ガーン やはりワタシはそういうイメージか・・・・

そこで何を思ったかといいますと、今の池袋の状況は といいますと、他の街はわからないですが、緊急事態ど真ん中の今日このごろですが、人はメチャメチャ多いです、、およそどこが緊急事態なのか? と。例えば土日を例に取ると、去年のゴールデンウィーク中の緊急事態中は目視で人の流れは実に3%くらいでした、この前の土日は80%といったところでしょうか、一月の成人の日の連休はさんぶんのいちくらいしかいなかったですが今は多いです、しかしマスクの装着率はほぼ100%です。ちなみにワタシはマスクをするわけがありません、重度の気管支喘息を患っておりますし、マスクなんてよくあのようなものをして呼吸ができると感心してしまいます。

まあでもゴールデンウィークといまの違いはゴールデンのときは昼間でも池袋の街はそもそも店が開いてなかったです、今回の緊急事態は店がどこもやってます、店が開いていれば人は来る という単純なもののような。それでやっていないのは20時以降の飲食店だけです、そんなことで夜の土日は確かに人は激減です、ちなみにキャバクラは繁盛しています、夜20時以降関係ないという感じです。あと大臣の外でのランチを控えろ発言、あれは池袋民には相当反感は買っているはずです ああいう発言されるということきかなくなりそうです

個人的には自粛とか緊急事態なんぞより、とにかく各人免疫力を高めることが重要のようにおもうしだいで、事実池袋で夜の商売の人を相手にしている美容院があるのですが、どこまで本当だかはわかりませんが、店員数は全部で15人くらいいる大きなお店なのですがもちろん誰もコロナになんてかかったことがない、それでとある日全員で抗体検査をしたらしい そうしたところなんと4人の店員から抗体発見 要はしらないうちにコロナになって知らないうちに治った それしか説明がつかない、もちろん美容スタッフはみんな若いから、

まあここから先のコメントはやめておきますが、オチとしては、TIGLONの沖野社長と打ち合わせをしようとしたところ、沖野社長が拒否をして、その理由はワタシのことが信用できない、要はコロナまき散らしそう、一度抗体検査でも受けられてそれで抗体でももっていれば打ち合わせしますが・・・・・
ということでワタシは抗体検査をしました、 その結果は → 抗体はもっていませんでした、 これは正直なところ結構残念、期待したのですが、残念ながら無敵の肉体は手に入れられていなかった、今後コロナにかかる可能性はあるわけです、しかも重度の喘息をもっているのでコロナかかったらヤバイだろう、そんな若い美容スタッフのようなわけにはいかないだろう  まあ一寸先は闇 としかいいようがないです

そんなことでなんとも変な世の中になってしまったことは間違えないようです ワタシの防衛策としては ジムに行く頻度を高くして身体を鍛えています。
ちょっと弱めの負担で行く日数を多くしています、最近特に元気元気なのはジムにひんぱんに行っているせいだと思います