3・19

今日は金曜日、もう午後は仕事もする気にならず、天気も良いということでちょっと辺りをぶらぶらと散歩、ワタシの自宅も事務所も池袋にあり、普段は池袋ばかり散歩していますが、今日はとなり街の目白を散策、しかしとなり街だというのに本当に久々というかもう何年も目白を訪れていなかった、それで久々に目白に来た感想はというと、なんか全然栄えていない、本当に目白通り沿い500メートルの間に商店がある程度であとは本当に住宅地と駅前には学習院大学 そんな感じ、目白駅自体も山手線の全駅中、2番目に乗降人員が少ない、とはいうものの1日の乗降人員は約75000人 この数はどのくらいかというと、地方都市でこれくらいの人数言ってたらそれは本当に地方大都市です、ということで山手線で2番目に小さい駅ですらこのくらいの規模、本当に東京は人が多い。ちなみにとなり駅の高田馬場はJRだけで42万人です、凄まじいです本当に東京は・・・・・

それで昼下がりの目白はというと、普段池袋の街並みに慣れているので、まあ本当に閑散としているなんてものではありません、しかし突然行列に出くわす、しかも浮浪者風のオヤジたちの行列、なんだなんだ!! とその先を見ると、ああそうか、思わず納得、しかし平日の午後二時だというのにこれはすごい・・・・ とその先にあったのはなんとラーメン屋さんでした、ラーメン屋の列なんて大体において若者がネットの評判につられて列をなすのが定番のはずが、オールオヤジです、若者は一人もいません、しかしそのラーメン屋を見て思わず納得、それは 丸長(まるちょう)というラーメン屋でもう本当に老舗中の老舗です。あのつけめんの発明者の大勝軒の故山岸さんが修行していたのが丸長グループの1店のようで、まさに本当のつけめんの本当の元祖の店です。それで当然ながらというかワタシは食べたことはあります、どういう味かというともう本当にレトロもレトロ、昔から味を変えていないのではないか というくらい昭和の中ごろともいうべき味です、それで美味しいか不味いか、好きか嫌いかと言われたら、もはやそういうレベルではない、つけめんというのは好き嫌いに関係なく元はと言えばこういう食べ物、もし人生最後にどこかのつけめんを食べる ということになって選ぶ店はまさにこれだ!!そんな若者が行列をなす松戸のとみ田とか六厘舎とか一燈とか本来のつけめんから外れたいうなら亜流というやつ? ああいうのはたまに食べるぶんにはいいだろうけど ということで平日午後二時の丸長のおそらくは地元のオヤジたちの行列にはちょっと感動、ああオレもメシ食ってなければ並んでいたかもしれない・・・・・

とにかく東京は人が多いから楽しいところがいっぱいで、その丸長からさらに歩くとまた大行列発見、これは都内でもトップレベルの人気のケーキ店、エーグルデュースとかいう店がある、しかし平日の昼下がり、目白もまたなかなか楽しい街ですなぁ;;;;

しかし目白には夜の街というのがありません、本当に健全です、そういう予備知識はありましたがいざ街を見渡すと本当にないですね、池袋があるからいいのか、しかし池袋の隣の大塚という街はゲスいです、もともと大昔は池袋より大塚が歓楽街だったそうですが、鉄道が多く乗り入れる池袋に大きく抜かれた というのが実情のようです、でも今も大塚はなかなかのゲスい歓楽街です、ついでにその隣の巣鴨もなかなかゲスいです、でも大塚とか巣鴨は安く遊べるのが良いです、六本木とか歌舞伎町とかアホみたいに高いです、もうすでに基本料金からしてぼったくりと言っていいのでは?

ちなみに池袋でも平日の午後二時にあんなに並んでいるラーメン屋はない、コロナ前の無敵屋くらいですか、あそこは中国人で大行列をなす、今は中国人観光客がいなくなって列がなくなってしまいました、しかしそうかコロナ渦でこんなに並んでいるのはすごいですね、ワタシも永遠不滅の製品群を構築したいものです、この5年間は弱気極まりなかったのでこれからは仕事をやるからにはオレがナンバーワンだ くらいの強気の気持ちで行きます・・・・・