4・6

現在新製品づくりをしていますが、今回予定の製品に限らず未来のものも ということで色々と実験をしています。それでこれはなかなか面白いのでは? と思ったこととして パチンコ玉=ステンレス製の直径10ミリちょっとの玉、、これをボードに落としたらどうなるのか? ということでまずはラック面に何も敷かない状態でパチンコ玉を腕をいっぱいまで高く伸ばした状態から落とします ラックも高さがあるのでざっと1メートルくらいの高さから落とすという感じでしょうか? それで使っているラックはティグロン製のラックで、これはそれなりに制振性があるのか弾みは弾みますが、割と鈍めの弾みです、しかしまあまあ弾みます。しかし本当にまあまあ程度です、これがテーブルや棚に玉を落とすとそれはそれは盛大に弾みます。それでまずは何を思ったか、良いラックはさすがに安っぽい棚なんかよりしっかりと出来ている。まあボールが弾まない ということはそれだけ振動を吸収しているということになるだろう、一般のテーブルや棚は制振性0と行っていい。さて、ではここでティグロンのラック面の上に何かしらボードを乗せたらどうなるか? まずはサンシャインのAシートからいきなりいってみましょう、それで結果、おお!! これはこれは、若干弾む程度、本当に若干も若干です。 では次にBシート 結果は おおおお!!!! これはピタっと止まります。実際Bシートをお使いの方はお時間があったら試してみてください、なお、パチンコ玉はパチンコ屋で1000円使えば250玉出てきますのでそのうち二つ持ち帰りました。 しかしお見事なくらいピタっと止まります。次にVシート まあBで完全に止まるくらいですからこれは難なく止まります、Bもそうですが、落とした瞬間まるで接着剤がついているかのようにピタ止まりです。これティグロンのラックに限らず普通のテーブルの上に敷いても相当な効果です。次にどことは言わないですが、他社のオーディオ専用ボードで結構な値段がするもの、表面は木です。それで結果、意外すぎるくらい弾みすぎ これは一体なんなんだ?まだラックだけの方が弾まない、これはティグロンのラックが性能が良すぎて下手なボード敷くとかえって音が悪くなるのでは? さらに石のボード ガラスのボード もう最悪 いやもう本当に石のボードはオーディオ界から撲滅させないといけないですね。ついでにガラスも相当ダメです、振動のかけらも吸わない という感じです、ガラス=水晶石英のたぐい これはダメと判定 しかし手持ちにカーボンボードがなかったのが残念 あと意外なことに 座布団を敷いてみたら これは沈むからすぐにピタリと止まると思ったらこれがなんとなんと結構弾む これますます優秀なオーディオボードを作ることが難しいということを認識した次第、しかしすでにBシートというボードとして使っても非常に優秀なものがある、これ本当に偶然の奇跡の逸品かもしれない、ただし欠点がないわけではない、その欠点を解消し、さらにパワーアップさせたのが以前発売したVシート さらに今回はそれをふた回り以上性能アップを目指したもので間違いなくオーディオアクセサリー史上最高の音質改善効果製品になると思います

そんなことで先日のブログで ボードは他メーカーのレベルは低い というのは間違いないと思います やっぱりパチンコ玉落として盛大に弾むボードなんてありえないです、少なくとも振動は全く吸収されていないです、ピタっと止まるものは少なくともアンプの内部振動とかプレーヤーの回転系の振動の影響とか綺麗に取り去ってくれるのではないでしょうか、振動モードも良い方にコントロールしてくれると思います。気をつける点としては ピタッと止まることによって音が重くならないようにすれば最高のものができると思います