5/27

現在の状況ですが、インシュレーターだけでなく、ボードの最終仕上げも日本で行うことにしました、それによる価格てんかは当面は無しにしようと思います。

日本で行うことにした理由ですが、これが本当の自画自賛ですが、メチャメチャかっこいいです。雑誌の画像もホームページの画像も本当に仮の画像です、ホームページは本作に近いですがこれ所詮メイドイン外国です。

最終仕上げ日本版はまさに高級感の塊です。しかしサンシャインはアクセサリーは目に見えないところに使う、余計なところに金はかけない がモットーです。が、作品というのは最低限の見た目 というものが必要である というのはこれは万人一致の考えではないかと思うわけです。一万円を切るか切らないかを競っている製品ならばともかく フラッグシップモデルの訳ですからそれは誰もがかっこいいと思わせる外見は必要だと考えました
でもフラッグシップモデルが5万円代 というのがまあいかにもサンシャインらしいと思いますが、使われている素材は純マグネシウムです、有名メーカーなら価格最低5倍つけて妥当な素材です、それで今回のものは見た目価格5倍していると思っています、これが本当の自画自賛ですが、私は今まで性能面で自画自賛したことはちょっちゅうですが、見た目を自画自賛したのは今回がおそらく初めてではないかと思います、たいがいはコスト優先のため見た目おろそかの言い訳しかしてこなかったはずです でもBシリーズとかもっとちゃんとした箱に入れて洒落た印字ロゴでも入れれば一枚3万円には見えると思いますが・・・・ あとスパイラルエキサイターも スパイラルは自画自賛したかもしれないです、これは高級な箱に入っていたら相当かっこいい、ケーブルは見た目安っぽいの評価しか受けないですし 

そんなことで今度のボード 見た目も最強の自信あり です。