5・31

とあるお客様から次のようなメールが  

アクセサリー専門誌を読んだがオーディオラックというのは50マン円以上しないといい音出ないのか? 

というような内容、 完全な正確な内容ではないですが、ほぼこのような内容

それで早速専門誌を読んでみたが特集がやっていた、そこで何を感じたか、これはそのラック特集に限らないが、以前から口うるさく私が言っていること、本当にオーディオアクセサリーとは オカルト だ!! オカルトチックというかオカルティーというか、もう別ブランドでOKALTO なんていうのをたちあげたくなるほど、しかしこんなもの本当に読者は信ずるのか? まだ雑誌は良いが というのも紹介記事に限界があるからそのメーカーのホームページに詳細が書かれていれば良い、 例えばであるが 新素材 とか 画期的素材 とか 雑誌の紹介文ではそれで終わっている、ではその新素材のどこがそんなにすごいのか科学的根拠 画期的な素材のどこがそんなにすごいのか科学的根拠、そのようなことがメーカーのホームページにも書かれていない これ オカルト 以外何なのか? それでブランドをある程度確立させてしまえば人はそれなりに信じてしまうかもしれない、あのメーカーが出しているものなのだから

そしてそのオカルト製品群は これはもう本当にお値段高杉晋作である、では50マン以上のラックを見て何を思うか、まず重要なのは見た目、その次に手の込んだ作り しかし素材は全くベストを尽くしていない その証拠に50万どころか100マンするラックもボード面は基本的に 木 である。 木の本当の使用用途とは次の二つのはずである、 一つは安くて良いものを作るためであるため、ただし安いので音質的には決してベストは尽くしていない、もう一つはどうせ振動など完全に制御できるわけがないから良質な木を使って音を乗せる=ハイファイとは逆方向で良い意味での色付け  その二つであるが、ラックに関しては後者の選択はまず存在しない、最初から組み立てられた形で出荷されるなら別であるが、基本的に運送上の都合上、組み立て前の状態で出荷される、そうなると音よりも何よりもボードが1ミリも変形しないことが重要なのである そうなるとMDFとか集成材とかそのようなものになり、天然木一枚ものなどありえない それが50マン以上もするのか????? しかしこの特集を見てると20万のラックが安く見えてくるから本当にオーディオマジックである。

個人的にはラックに金をかけるより機材に金かけたほうがよっぽど良いように思うのと、この特集見ると今度のサンシャイン新製品思わず 安い と自画自賛である、今度の製品は素材その他ベストを尽くしている、アクセサリーでベストを尽くしているメーカーなんて実はサンシャインとせいぜいTIGLONくらいではないか  ただ、他メーカーはデザイン 仕上がりにはベストを尽くしているようには思う 結局50マン以上しないといい音出ないのか? というより50マン以上しないと究極の工業製品が手に入らない と理解します ということで50マン以上のラック悪いとは言わない ただ、価格に関係なく全くベストを尽くしていない これらの開発者がまさかこれが最高なんて本気で思っていたらそれは本当にオーディオ屋というより工作屋である。それでこれらのラックが欲しいかと言われたらはっきり申し上げましょう、お金が余っていたら部屋にマッチするデザインの格好いいやつが欲しいです、それでサンシャインのアクセサリーを駆使する  金が余っていない時はすでにラックがあるわけだからラックを買い換える なんてことはない という単純な話である、本当に良い音だけを求めるならラックなんて使わない、床面にBシート敷いてその上に今度の新ボード それでシートとボードの間はディーレン入れるとなお良いかも という感じ そんな100万のラックなんかよりも音的に物理的に良いです

ただ、部屋との融合性があるからラック使うだけの話であってそれでなおかつお金が余っていたらそれはできるだけかっこいいやつを買う 自分ならそんなところでしょうか

そんなことでラックに50マン以上出さないと良い音が出ない などと悩まれる必要はありません ただ、この金額余裕で買えるのであればおすすめはします、サンシャインのアクセサリーがあるのでこれらラックの欠点は十分にカバーできます もちろん高額でないラックにもてきめんに効きます でもサンシャインの本音は そんなラックよりもコンポーネントのセッティングより とにかく悪いこと言わないからスピーカーのセッティングだけはお金かけたほうが良い、もっというならばサンシャインを使ったほうが良い です。他メーカーは値段が高い以前に良いボードがありません しいて興味があるならカーボンのハニカム構造のものですが、これは良いかも ですね、特にマニアックに音楽をというよりソフト聴きたい方向けだと思います、それはそれで大いに良いと思います。 しかしお値段は高杉る晋作 ですね・・・・・・