12/14

それで先日のブログの続きですが、その他メーカーさんからのメールの内容ですが、それでまずことわっておきたいことというか申し上げておきたいこととして、仮にもプロ、しかもそれなりに製品が売れているメーカーの製品開発者の耳、しかもその開発者がプライベートで自費で他メーカー品購入なんて言ったらそれはもう誰よりも間違いのない評価です、これ以上信用できる評価はないです。それで非常に面白いことが書いてありまして、というのもプライベートでアース機をご購入されたそうです、どこのメーカーのものとは言わないですが価格は数万円台です、アース機というのは元はといえばアース機は機器に直接繋ぐものです。要は機器内部にある不要なものを地球上の母なる大地に放出する、その母なる大地の代わりがアース機のわけです。

ところがです、そのアース機を機器に繋ぐと逆に音がこもるというのです、それを読んで ええー?そんな数万円も出して逆に音が悪くなるなんて最低のアクセサリーじゃないですか、まだ数千円なら騙されても諦めがつきますが、これなんでそんなひどい製品を出すのか容易に想像がつきます、まず、そのアース機は副業メーカーの製品です、しかし副業メーカーだろうが製品がよければ文句はないです、しかし副業メーカーというのは本業のものを転用する場合がほとんどですので使われるものに限り制約があるわけです、にもかかわらずいかにもそれが一番すごいようなことを言うわけです、これをダマシと言わずしてなんと呼ぶか。

さらにその製品の開発者はプライベートではそこまでオーディオに情熱を注いでるわけではない、要は完全に商売だけのモノ作り、それはまともな製品はできません、そんなモノを出すくらいならまだ専業メーカーのこれぞオカルト!!の王道を行く製品の方がずっとマシです。要は 「変わったような気がする!!」「よくなったような気がする!!」 こうなるとまさに信ずるものは救われる、オーディオアクセサリーの基本、まさに オカルト です。

しかし続きはまだまだあって、今度はなんと30万クラスのアース機を導入して試したそうです、さすがに数万円のアース機で業を煮やしたのか、これは借り物だったらしいです、おそらく結果が良かったら本導入だったのでしょうが、これもダメだったらしいです。しかし30数万ですよ、 これなんでダメだったかこれも案外容易に想像つきます。30数万だったらそれはとにかく音はよく聴こえる方に変わるはずです、好みの問題でしょう、しかし、強烈なプロの耳を持った方です、しかもこの方生楽器の音を相当よく知っているようです、要は本物の音を知っている人です、要はニセものに聴こえたのでしょう、でもそのニセものを良いと感じる方もいっぱいいらっしゃるはずです。

それでそこから先はさすがプロ、、アース機を自作されたそうです、それでそれを機器に直接繋ぐよりサンシャインボードに繋いだ方が音が自然だ とおっしゃるのです。 そこではてと考えました、アース機と言うのは機器からアース器に落とすものだろう・・・ しかしそうか と言うことで 要は機器からの不要物がサンシャインボードに伝わって そこからアース機に落とす とうことですか・・・・・

ただ、過去Vシートは1万枚近く売れていますが、アーシングケーブルが売れたのは数百本です、それ専用にアース線を作るのも商売的にはあまり意味がない と言うのが実情で、A●Tとか良いアースケーブルも売っているのでそれで代用してください としかいえないですがどうするかは考えます、アースがそこまで効果があると言うならば黙ってはいられないですが今すぐ着手とかは考え中です