1/8

実はおととい相当やばいくらいのぎっくり腰をしてしまいまして昨日は一日安静、それでもこれは相当やばい、自然治癒なんて言ったら1週間は腰が動かないのでは、そうなったら美女を口説けてもやれることがやれないじゃないか ということではうようにぎっくり腰専門 というところに行って治療を受けるも全然効果なし、看板に偽りありか それでその次に考えたのがはり治療であるがこれは過去の経験上急性のものに対する即効性はない、慢性のものとか急性のものでもある程度期間をかけて治すぶんにはこれほど効果のある治療はないと思っている、が、本当に一刻も早く完治 とまではいかなくとも最低限女性とあれができるくらい回復してほしい、ひいてはそれが仕事再開にもつながる、この腰では重いものが持てない作業ができない・・・・・

それで最終的にどこに行ったかというと 整形外科 要はお医者さんです。結論から言いましょう、今まで100苦しかったものが80に軽減された、しかしこのたった20の軽減がメチャメチャでかい、これはさすがに医師免許 という超偉いものを持っている人間のやることはそれは整体や鍼と一緒にしてはいけない と。では何が違うかというと、まあ一番でかいのは一般では取り扱いのできない強烈な薬を扱えることでは? と思うわけで、一通り大量の薬を飲んだら薬の副作用が強すぎて二時間はダウンだったらそれでもたった二時間である、二時間たったらそれまでの苦しみが2割減った いや、局部はまだ全然と言って良いほど痛みは取れていないが痛みが表面的になって身体がよく動くようになった・・・・・ 以前プライベートであるお医者様が 医学で完全に治せる病気など一つもない とおしゃっていましたらいやいや、十分に軽減できます、これ大きいなんてものではありません。さすがドクターでございます、ありがとうございます。ということでこれで張り切ってまた女性口説きに精をだす、 それより以前に仕事やれ!! という感じですがいやいやでもこれだけ軽くなってくれたらまだ相当痛いことは痛いですが、楽に自然治癒を待つことができます、いやでも本当に整形外科に行く前は仕事もできないくらい相当やばかったです