5/30

現状は中国ロックダウンの影響でマグネシウムの材料を入手することができません、そのようなことで商売的には非常に苦戦です。しかしそんなところにTIGLONから一報が入りまして、試作のXLRが完成して、はっきり言ってこれ以上良いものはないだろうときっぱりと言っています、それでサンシャインはこの価格にして価格何十倍のものより良い という大口叩いているメーカーの訳ですが、何十倍のものより良い 根拠 なるものを示しています、ケーブルで言えばサンシャインのケーブルの導体は他メーカーの数十万もするケーブルの導体の二倍以上する原価のものを使ってます、それだけで調理方法さえ間違わなければ劣るなんてことはあり得ません、ただ、余計なものを一切排しているので音に趣味性がない訳ですが、それは少なくとも私には 必要ない と片付けています。

それで今回のXLRは最強だそうです、そうなると前回はTIGLON社からの見積もり決裂で製品化しなかった訳ですが、今回は見積もりを受け入れてそれで価格付をしようと思います、本当に究極なら1万2万で売ることはない、でも5万はつけたくない、 となると3万円台 でしょう、 これ高いと言われたら究極は提供できないです、何せXLRなんて100万超えの製品もバンバンある訳なのでそれに少なくとも匹敵させるにはそれなりの素材や技術を投入しなければいけないのでそれは2万円台でも無理というものです、やっぱり100万に準ずるものを1万円台で出すより 100万に匹敵もしくは超えるだけの性能のものを3万円台で出したいです
そしてそれに伴い、RCAやスピーカーケーブルもその新しい技術を投入できると言っています、結局のところアクセサリーで一番興味のあるところは、高額品がひしめくケーブルでどれだけ面白いものを出せるか だと思います。ボードは低レベルでしかも高額なものでも10万円台しかないのでこれはサンシャイン一択で良いのです、スピーカーの下でもBシート二枚重ねでそんな他社の10万円台のボードなど相手にしません、それも根拠があります、それは内部損失の差 です。

しかしながらケーブルは100万超えどころか200万超えもあるというすごい世界です、ここで3万円台で200万に匹敵するケーブルができたら面白い、 大丈夫です、何がというとそんな一台100万以上の機器持っている方はいくら三万がいいと言ってもそれは買わないですから(サンシャインユーザー様は機器がおいくらだろうがお買い上げいただけそうには思いますが)、あくまで1台50万以下の機器をターゲットに全部これに代わるようにを目標にやるまでです

ということでティグロン 最強のXLRの試作品ができたようです おそらくですが、今週中に原価の話し合い決着つけようと思います それに伴いRCA スピーカーケーブルも変更するか考えます スピーカーケーブルも今は定価メートル2300円ですが、そんなに新技術でメートル数万数十万に勝てるレベルならあと1000円値上げしても良いと思います、 あと、以前お客様からこんなメールをいただきました、サンシャインのスピーカーケーブル2300円は高いんじゃないの? ティグロンはシールド付きで1500円のものが出ている・・・・・   それに対し、サンシャインのスピーカーケーブルはティグロンさんの9000円の方のケーブルをシールドなしで電磁波吸収効果のあるシースを使って2300円で売っています、1500円の方はもっと直径が細い=導体も少ないです・・・・ ということで決して不当な価格付はしておりません